@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

祭服【さいふく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

祭服
さいふく
liturgical vestments
キリスト教やユダヤ教礼拝のとき司祭が着用する衣服。荘厳な雰囲気をつくりだすように,特に豪華につくられている。布地配色や形に象徴的な意味がこめられており,キリスト教の場合にはローマ・カトリックが 18種,ギリシア正教が9種を基本とするほか若干の変化形式がある。なおこれに類する聖職者用の衣服は,他の諸宗教でもなんらかの形で用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい‐ふく【祭服】
祭祀(さいし)のときに神官たちが着る衣服。日本の神社では、ふつう衣冠を用いる。
天皇が神事のときに着用する帛(はく)の御衣(おんぞ)。
キリスト教で、ミサのときに司祭などが着る服。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいふく【祭服】
祭祀(さいし)に用いられる服装。式服礼服ともいう。
神道の祭服]
 大きく皇室祭祀の服装と一般神社の神職用の服装とに分けられる。皇室祭祀の服装は天皇6種,皇后3種など20種からなり,神職用の服装は男女別にそれぞれ4種からなる。男子神職用は正装(衣冠(いかん)),礼装(斎服(さいふく)),常装(狩衣(かりぎぬ)),浄衣(じようえ)の4種である。正装は冠(かんむり),垂纓(すいえい),掛緒(かけお),袍(ほう),単(ひとえ),指貫(さしぬき),笏(しやく),檜扇(ひおうぎ),畳紙(たとうがみ),浅沓(あさぐつ)で束帯の略装である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいふく【祭服】
祭主・神官やキリスト教の司祭と侍者などが祭祀さいしのときに着る衣服。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

祭服
さいふく
祭祀(さいし)に仕えるときに着用する服。古く8世紀初頭の「衣服令(りょう)」には、礼服(らいふく)、朝服(ちょうふく)、制服(せいふく)の制があり、平安中期には、男子服に束帯(そくたい)、衣冠(いかん)、女子服に五衣(いつつぎぬ)、唐衣(からぎぬ)、裳(も)などができ、唐制模倣からわが国独自のものがつくられた。神道(しんとう)における祭服は、皇室の祭服、伊勢(いせ)の神宮の祭服、神宮以外の全国神社の祭服とに大別できる。
 皇室の祭服は、さらに天皇、皇后、皇太子、同妃、皇族、掌典職(しょうてんしょく)職員とに分けられる。
 天皇の御服は6種ある。
(1)御祭(ごさい)服―もっとも重大なる大嘗祭(だいじょうさい)と新嘗祭(にいなめさい)に着用される。純白生織りのままの絹地でつくる。
(2)帛御袍(はくのごほう)―純白の平絹(へいけん)の御服。大礼のとき、即位礼の当日、賢所(かしこどころ)の大前の儀および頓宮(とんぐう)より廻立殿(かいりゅうでん)に渡御(とぎょ)のときに召される。
(3)黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)―黄櫨染めで、桐(きり)・竹・鳳凰(ほうおう)・麒麟(きりん)の地文がある。宮中三殿の恒例の祭祀その他に召される。
 (1)~(3)の様式は束帯(そくたい)で、生地に生絹(すずし)、練絹(ねりぎぬ)などの違いがある。
(4)御引直衣(おひきのうし)―御直衣の裾(すそ)を引いたもの。恒例の勅使発遣の儀に召される。
 (1)~(4)は天皇のみが御着用になる御服である。
(5)御直衣(おのうし)―仕立ては束帯の縫腋(ほうえき)に同じで、臨時の勅使発遣の儀に召される。
(6)御小直衣(おこのうし)―節折(よおり)、奉納される御霊代(みたましろ)御覧のときに召される。
 (4)~(6)の直衣は、衣冠単(ひとえ)の様式である。
 皇后の御服は3種あり、様式は十二単(ひとえ)あるいはこれを簡略化したもの。
(1)帛御服(はくのごふく)―御五衣(おんいつつぎぬ)・御唐衣(おんからぎぬ)・御裳(おんも)などからなり、純白の平絹でつくる。即位礼当日、賢所大前の儀および大嘗祭に召される。
(2)御五衣・御唐衣・御裳―すべて絢爛(けんらん)の色彩を施したもの。即位礼当日紫宸殿(ししんでん)の儀のほか、(1)の儀に次ぐ重儀に召される。
(3)御五衣・御小袿(おんこうちき)・御長袴(おんながばかま)―年中の大祭・小祭を通じて召される。
 皇太子の御服は、(1)斎服(さいふく)、(2)黄丹袍(おうにのほう)(束帯)、(3)衣冠単、(4)直衣の4種で、男子皇族の御服はだいたいこれに準ずる。ただし、黄丹袍は皇太子専用で、皇族はすべて黒袍。
 皇太子妃の御服は、(1)五衣・唐衣・裳、(2)五衣・小袿・長袴、(3)袿袴(うちきはかま)の3種で、女子皇族はだいたいこれに準ずる。
 掌典職職員は、恒例の祭服は、斎服または浄衣(じょうえ)で、大礼には、束帯または衣冠単を用い、内掌典はすべて袿袴を用いる。
 伊勢の神宮における祭服は、恒例祭祀には生絹の斎服もしくは浄衣、式年遷宮のときは祭主以下束帯・明衣(みょうえ)・衣冠・斎服・浄衣その他を用いる。ただし、女子祭主は小袿・袴または袿袴である。神宮以外の全国神社の祭服は、男子は大祭は正装で衣冠、中祭は礼装で斎服、小祭は常装で狩衣(かりぎぬ)または浄衣、女子は大祭は正装で袿袴、中祭は礼装で袿袴または水干(すいかん)、小祭は常装で水干と定められている。[沼部春友]

キリスト教

教会の典礼、洗礼や婚姻などの秘蹟(ひせき)の授与、祝別式などの儀式に司祭が着用する特別の衣服。祭服が使用された起源は『旧約聖書』の時代までさかのぼり、キリスト教においても初期キリスト教時代以来連綿として用いられている。祭服は一般の衣服とは異なるが、時代と文化の影響を受けて変化がみられる。
 カトリック教会の祭服にはローマ式祭服やゴシック式祭服などがある。祭服には白、赤、紫、緑などの色が用いられ、クリスマスや復活祭などの祝日には白、殉教者の記念には赤、キリストの受難節には紫、聖節以外の年間には緑現在は以前と比べて簡喜化され、赤や録や紫の祭服が指定されている祝日でも白い祭服(カズラ)の上からその色のストラをかけてもよい。[安齋 伸]
『A・フリューラー著、土屋吉正訳『新しい祭服』(1966・南窓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐ふく【祭服】
〘名〙
① 祭礼のときに着る衣装。大祭の時に祭礼奉仕の人たちが着る衣服。明治以降、一般神職は衣冠を、伊勢神宮の遷宮の時は束帯を用いる。
※中臣祓訓解(12C後)「祭服則忍鎧也」
※江戸繁昌記(1832‐36)三「祭事、日有り。祭服既に成る」 〔礼記‐曲礼下〕
② 天皇が神事の時に着用する帛(はく)の御衣(おんぞ)。特に大嘗祭(だいじょうさい)の小忌(おみ)の湯をつかったのちに着る白絹の闕腋入襴(けってきにゅうらん)の斎服。
※御堂関白記‐長和元年(1012)一一月二二日「即御浴了、着祭服、入神殿〈初帛御服〉」
③ キリスト教で、ミサや洗礼などの時に司祭とその侍者が着用する衣服。式服。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祭服」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祭服の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation