@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禁制【キンセイ】

デジタル大辞泉

きん‐せい【禁制】
[名](スル)《古くは「きんぜい」》ある行為を禁じること。また、その法規。「男子禁制

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぜい【禁制】
古文書形式の一つ。制は掟のことで,権力者が禁止事項を公示した文書をいう。文書様式としては下文(くだしぶみ)・下知状の形が多く,中世後期からはとくに後者が多く,書出しに〈禁制〉と書き,その下に規制対象範囲となる地名・寺社名を記し,本文を個条書きにした。内容は軍勢の乱暴狼藉,銭貨徴発等を禁止し,違犯者に対する処罰を明記したもので,中世では神仏崇敬人心収攬を目的とし,近世ではキリシタン禁圧を主とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

禁制
きんぜい

鎌倉期以降、幕府や大名・国人(こくじん)などが、寺社・諸人に対しその保護と統制を目的として、掟(おきて)や禁止事項などを通知するために出した文書。禁札、制札、制符ともいう。禁制には、権力者が広く一般に通知する目的で市町(いちまち)・村落に掲示する場合と、寺社・市町・村落の要請によって出される場合とがあり、その性質上、木札として出されたため各地に伝存する。形式については鎌倉期は一定しなかったが、室町期以降になると禁制の前半部分に禁止事項の箇条書、後半部分に違反者への処罰文言を記載するのが一般的となった。戦国期には寺社・市町・村落などが、兵火災害から自己を守るために大名・国人に保護を求めたため禁制が増加した。記載内容は多岐にわたるが、寺社には軍勢の乱妨(らんぼう)・陣取・放火・竹木伐採の禁止、僧衆・神職への生活規制、市町には喧嘩(けんか)口論、乱妨狼藉(ろうぜき)・押売押買・国質所質(くにじちところじち)などの禁止が多く、村落には軍勢の乱妨や百姓への不当行為などの禁止を示すものが多い。

[久保田昌希]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐せい【禁制】
〘名〙 (古くは「きんぜい」)
① ある行為を禁ずること。また、その法規。法度(はっと)
※続日本紀‐霊亀二年(716)五月丙申「冝厳加禁制上二更使一レ然」
※太平記(14C後)三四「去程に始のほどこそ禁制をも用ひけれ」
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)三「けふの供養には、女の参詣きんぜいとこそ候つれ」
② 歌や俳諧などで、用いてはならないことばや表現。
※近来風体(1387)「近代おほく禁制の詞ありといへども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禁制の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation