@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禁煙【キンエン】

デジタル大辞泉

きん‐えん【禁煙/禁×烟】
[名](スル)
タバコを吸う習慣を断つこと。「健康のため―する」
タバコを吸うのを禁止すること。「―

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

禁煙
きんえん
喫煙を禁止すること、また、喫煙者がたばこに依存する習慣をたちきること。禁煙対策は個人の健康増進だけでなく、喫煙に伴う疾病の減少によって医療費の削減にもつながる社会経済的課題でもあり、包括的な禁煙環境および社会的条件の整備が求められる。
 世界保健機関(WHO)は、喫煙しないことが一般的社会習慣となることを目ざした「たばこか健康かに関する活動計画」に基づき、毎年5月31日を世界禁煙デーとした。日本でもこの日に続く1週間を禁煙週間と定め、厚生労働省の主催で禁煙にかかわるさまざまなイベントが企画されている。また、日本循環器学会、日本呼吸器学会、日本公衆衛生学会など九つの学会が合同で研究班を組織し、たばこによる健康被害の防止と、たばこを吸わない社会習慣の定着のための「禁煙ガイドライン」が策定されている。このガイドラインでは、喫煙が依存症と喫煙関連疾患を合併した「喫煙病」という全身疾患であるという認識に立って、喫煙者を「積極的禁煙治療を必要とする患者」と位置づけている。依存症に対しては、簡易禁煙治療(個別禁煙支援や禁煙教室の開催、セルフヘルプなど)、集中的禁煙治療(時間を長くして回数も増やし、強力に指導する薬物療法や心理社会的または行動療法)を提案し、将来、喫煙者にならない防煙も含めた禁煙環境や社会制度の整備も提案している。また喫煙関連疾患をもつ個々の喫煙者への対応についても具体的に記載している。
 医療者のなかには、喫煙が単なるストレス対処行動でなく、依存性の高い精神疾患と考える者もいる。日本でも喫煙を「ニコチン依存症」と位置づけ、禁煙治療を行う禁煙外来を整備する医療施設が増加している。ニコチンパッチ(禁煙パッチ)とよばれる貼(は)り薬や内服薬により喫煙の欲求を抑える治療や、依存症に対するカウンセリングなどが行われている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁煙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禁煙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation