@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禁秘抄【きんぴしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禁秘抄
きんぴしょう
禁中 (宮中) の故実作法を記した書。順徳天皇著。2巻または3巻。承久3 (1221) 年頃成立。『順徳院御抄』『建暦御記』『禁中抄』ともいう。記事は,賢所 (かしこどころ) ,宝物清涼殿紫宸殿天皇の毎日毎月の行事,朝儀,食事装束,仏神事,殿上地下の侍臣女官,御持僧,祈祷など諸事にわたっている。諸処に新儀の誤りを指摘し,旧儀の廃絶を嘆いているところに天皇の有職 (ゆうそく) ぶりを知ることができる。『群書類従』所収。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんぴしょう〔キンピセウ〕【禁秘抄】
鎌倉時代の有職故実(ゆうそくこじつ)書。3巻。順徳天皇著。承久3年(1221)ごろ成立。宮中の行事・故実・制度などを漢文で解説したもの。禁中抄。建暦御記。順徳院御抄。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぴしょう【禁秘抄】
順徳天皇が著した有職書。2巻あるいは3巻。成立年代は数説あり一定しないが,和田英松によれば1219‐21年(承久1‐3)。《禁中抄》《建暦御記》ともいう。宮中の毎日恒例の次第,毎日事,臨時の大事,賢所,清涼殿のことから蔵人,殿上人,女官,勅書,宣命,改元といった天皇として必要な故実を記す。《群書類従》《列聖全集》《皇学叢書》に所収。【清田 善樹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

禁秘抄
きんぴしょう

順徳(じゅんとく)天皇著。2巻または3巻。もともと定まった書名はなく『順徳院御抄』『建暦(けんりゃく)御記』『禁中抄』などとよばれ、南北朝時代から現在の書名になった。内容は、賢所(かしこどころ)以下約90項目にわたる禁中の故実作法を、多数の古典籍を引いて漢文で解説したもの。1221年(承久3)御子仲恭(ちゅうきょう)天皇のために書かれたものか。平安から鎌倉時代初期の宮廷を知る絶好の史料として古来重んじられ、写本も多く、刊本も慶安(けいあん)刊本、『群書類従』所収本などがある。註釈(ちゅうしゃく)書には、江戸時代の公卿(くぎょう)滋野井公麗(しげのいきんかず)の『禁秘抄階梯(かいてい)』(1776刊)などがある。

[今江廣道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

禁秘抄
きんぴしょう
鎌倉初期,順徳天皇の有職故実 (ゆうそくこじつ) 書
『順徳院御抄』『禁中抄』『建暦御記』ともいう。1221年ごろの成立。2巻本と3巻本とがある。宮中行事・儀式政務などに関する故実・作法を記したもので,後世に至るまで有職故実の基準とされた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁秘抄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禁秘抄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation