@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禁酒法【きんしゅほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禁酒法
きんしゅほう
Prohibition Act
アメリカにおいて,全国的に禁酒を規定した法律ボルステッド法とも呼ばれる。 1917年禁酒条項と呼ばれる憲法修正 18条が連邦議会により可決され,各州の批准を得た結果,19年に制定され,翌年1月から発効した。これは 0.5%以上のアルコール分を含む飲料醸造,販売,運搬を禁止した法律であったが,特に大都市では実施がきわめて困難であり,ギャングが酒の密造密売に乗出し,それを財源として勢力の拡大をはかったので多くの弊害が生じた。大恐慌勃発後同法に対する批判は一層強まり,33年禁酒条項を撤廃する措置に続き,禁酒法も廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんしゅ‐ほう〔‐ハフ〕【禁酒法】
アルコール飲料の製造・販売・運搬・輸出入を禁止した米国の法律。1920年から施行されたが、密造・密売などが続出したため、1933年に廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんしゅほう【禁酒法】
アメリカ合衆国で1920年から33年まで,酒精飲料の醸造,販売,運搬,輸出入を禁止した法律。第1次大戦期に禁酒運動道徳意識が著しく高まる中で,1917年連邦議会は禁酒を規定した憲法第18修正を可決,19年10月法案提出者の名をとってボルステッド法Volstead Actと呼ばれる禁酒法が制定され,翌年1月発効した。だが〈平常〉に戻ったアメリカ社会で飲酒の習慣を一掃することは非現実的であり,需要が引き続き強く存在したため,アル・カポネをはじめとしてギャングがこれに目をつけ,酒類の密造や密販を手がけて巨利を博し,それにより縄張りの拡大を図った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんしゅほう【禁酒法】
アメリカ合衆国で、酒精飲料の醸造・販売などを禁じた法律。1920~33年に実施されたが需要は根強く、密造・密売を手がけたギャングが巨利を得た。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

禁酒法
きんしゅほう
Prohibition Law
アメリカ合衆国における酒類の製造、販売、運送を禁じた1919年1月成立の合衆国憲法修正第18条およびその細則の通称ボルステッド法(19年10月成立)。アメリカにおける禁酒運動は、20世紀に入ると急速に高まり、すでに1917年初頭には26の禁酒州を数えた。その運動は、一面で福音(ふくいん)主義的プロテスタンティズムに依拠する宗教的教化運動であったが、また他面では、禁酒によって労働者の工場規律、生産能率の改善を求める実業的利害がかかわるなど、政治的、経済的な20世紀初頭の社会規制運動の一環でもあった。17年の第一次世界大戦への参戦は、生産能率向上の声をさらに高め、同年12月、憲法修正第18条は議会を通り、19年確定公布された。しかし、連邦法としての禁酒法の成立はかえって法の尊厳を傷つけただけであった。すなわち、同法成立後、密造、密売が横行した。このため、30年代に入ると同法廃棄の声が高まり、33年、議会はこれを廃棄する憲法修正第21条を可決し、ここに禁酒法の時代は終わった。[紀平英作]
『Norman H. Clark Deliver Us from Evil : An Interpretation of American Prohibition (1976, W. W. Norton & Company, Inc., New York)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんしゅ‐ほう ‥ハフ【禁酒法】
〘名〙 酒類の製造、販売、輸出入などを禁じた法律。アメリカ合衆国で、一九二〇年から三三年まで実施された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

禁酒法
きんしゅほう
Prohibition Act
アメリカで酒類の生産・販売・輸送を禁止した法律
1919年発効のボルステッド(Volstead)法と,20年発効の合衆国憲法修正第18条をさす。1846年から禁酒法が州法として制定され始め,第一次世界大戦前には禁酒州は26州になった。道徳的な禁酒運動(temperance movement)を背景としたが,アル=カポネらのギャングが横行,違反者が続出し,大恐慌が発生すると財政面からも見直しを求められ,1933年憲法修正第21条により廃止。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁酒法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禁酒法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation