@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禅宗様【ぜんしゅうよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禅宗様
ぜんしゅうよう
鎌倉時代に禅宗とともに日本に伝わった中国北宋系の建築様式唐様 (からよう) ともいわれた。禅宗の教義,行事を背景として相当厳密に様式を移したものとみられる。 13世紀には京都,鎌倉に禅宗寺院が次第に建立され,禅宗様はそれをに発展した。床を張らず,柱下に礎盤を置き,柱に (ちまき) があり,貫 (ぬき) を多用して軸部を固め,組物は詰組とし,垂木を放射状に配する。構架に虹梁と大瓶束 (たいへいづか) を用い,木鼻 (きばな) ,拳鼻 (こぶしばな) をつけ,窓は花頭窓,扉は桟唐戸 (さんからど) とする。木割は細く装飾的細部が多い。全体として整った感があり,意匠としては垂直性を強く出す。代表例は鎌倉の円覚寺舎利殿。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜんしゅう‐よう〔‐ヤウ〕【禅宗様】
鎌倉時代に禅宗とともに宋から伝えられた寺院建築様式の一。全体に木割(きわり)が細く、詰め組の組み物を多く配し、木鼻(きばな)刳(く)り形桟唐戸(さんからど)火灯窓(かとうまど)扇垂木(おうぎだるき)など、装飾的な造作が特徴。鎌倉市にある円覚寺舎利殿や正福寺地蔵堂がその代表例。唐様(からよう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんしゅうよう【禅宗様】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぜんしゅう‐よう ‥ヤウ【禅宗様】
〘名〙 鎌倉時代に禅宗とともに輸入された北宋の建築様式。禅宗寺院建築は後代までこの様式によった。木割細く、装飾的細部が多く、平安時代以来の建築様式(和様)に大きな影響を与えた。唐様(からよう)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

禅宗様
ぜんしゅうよう
禅宗伽藍 (がらん) の建築様式
唐様ともいう。鎌倉時代に禅宗の伝来に伴い,宋から伝わった。三門・仏殿方丈などの主要建築は南北一直線に配置されるのが原則。細かい部材を用い,軒反 (のきぞり) が強く,屋根の勾配 (こうばい) は急である。外面は簡素で落ち着いた印象を与える。円覚寺舎利殿は代表例として有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禅宗様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禅宗様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation