@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禅林寺【ぜんりんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禅林寺
ぜんりんじ
京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派の大本山山号は聖衆来迎山。旧号は無量寿院。通称永観堂。斉衡2 (855) 年空海の弟子真紹創建勅願寺となった。のち念仏を広めた永観が入寺して,中興のといわれた。国宝山越阿弥陀図』『金銅蓮華文磬』を所蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

禅林寺
高野山真言宗に属する。開創は天平時代という。近畿地方などの寺でつくる西国四十九薬師霊場の一つ。健康や長寿御利益があるとされる高野長峰霊場10カ所の第1番札所でもある。地元では「幡川のお薬師さん」として親しまれている。
(2017-04-12 朝日新聞 朝刊 和歌山全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ぜんりん‐じ【禅林寺】
京都市左京区にある浄土宗西山禅林寺派の総本山。山号は聖衆来迎山。開創は斉衡2年(855)、開山空海の弟子真紹。以来真言道場であったが、承暦年間(1077~1081)に永観が入寺して念仏道場となり、のち法然の弟子清遍や浄音住持となり浄土宗となった。本尊は見返り阿弥陀如来として有名。所蔵の山越阿弥陀図は国宝。永観堂。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

禅林寺
北海道広尾郡広尾町にある曹洞宗寺院。山号は龍雲山。1883年、当時の茂寄村に説教所が開かれたのが起源。道指定文化財の円空作観音像がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禅林寺
東京都三鷹市にある寺院。黄檗宗。山号は霊泉山。森鴎外太宰治があることで知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんりんじ【禅林寺】
京都市左京区にある浄土宗西山禅林寺派の総本山。山号を聖衆来迎山,院号を無量寿院といい,一般には永観堂の名で親しまれる。空海の弟子真紹は仁明天皇厚遇に報いるため河内の観心寺に五仏を安置したが,辺地の縁に乏しいことを嘆き,855年(斉衡2)上表して藤原関雄の東山山荘を買得し,一宇を建立して五仏を安置し,鎮護国家の道場としたのが初めである。2世の宗叡は真紹ので清和天皇に進講し,863年(貞観5)天皇は禅林寺の寺名を下して定額寺とし,877年(元慶1)には山城愛宕(おたぎ)郡の公田4町が施入された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

禅林寺
ぜんりんじ

京都市左京区永観堂(えいかんどう)町にある浄土宗西山(せいざん)禅林寺派総本山。聖衆来迎山無量寿院(しょうじゅらいごうさんむりょうじゅいん)と号し、俗に永観堂とよばれる。空海の弟子真紹(しんじょう)によって855年(斉衡2)に創建され、863年(貞観5)禅林寺の勅額を賜った。以来、密教の正法を伝えたが、第7世として三論宗の永観(ようかん/えいかん)が住し、東南院を構えて浄土念仏を唱導するに及び念仏の道場となった。当寺にはこの永観にちなむ伝承が多く、念仏行道のとき弥陀(みだ)が先に立って後ろを振り返ったというので本尊を「見返り阿弥陀如来(あみだにょらい)」といい、また念仏三昧(ざんまい)に入ると光明赫然(かくぜん)として星のごとく聖衆が来迎したので、聖衆来迎を山号としたなどと伝える。また永観堂の称も永観の名に発する。その後、法然(ほうねん)(源空)に深く帰依(きえ)する静遍(じょうへん)が第12世として住し、西山派祖証空(しょうくう)がこれを継いで、当寺はまったく浄土宗に改宗され、寺門は大いに興隆した。源頼朝(よりとも)は静遍の高徳を慕い、当寺に帰依(きえ)して『大般若経(だいはんにゃきょう)』を転読させたので、この法会(ほうえ)が今日に伝わる。しかし応仁(おうにん)の乱などの戦乱もあってしばらくの間衰微したが、34世宏善(こうぜん)、37世果空(かくう)らの努力によって回復に向かい、豊臣(とよとみ)秀吉、徳川家康などの加護もあって漸次堂塔伽藍(がらん)も再興された。寺宝の絹本着色山越(やまごし)阿弥陀図(鎌倉時代)と金銅蓮花文磬(れんげもんけい)(平安後期)は国宝。そのほか浄土教系の美術遺品が多い。紅葉(もみじ)の名所として知られ、「いわがき楓(かえで)」は『古今集』にも詠み込まれている。

[森 章司]

『『古寺巡礼 京都23 禅林寺』(1978・淡交社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜんりん‐じ【禅林寺】
[一] 京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派の総本山。山号は聖衆来迎山。初めは真言宗。斉衡二年(八五五)空海の弟子真紹(しんじょう)が鎮護国家の道場として創建。貞観五年(八六三)勅願寺となり清和天皇から禅林寺の号を賜わった。承暦年間(一〇七七‐八一)七世永観(えいかん・ようかん)が中興して以来念仏道場となる。山越阿彌陀図、金銅蓮花文磬(こんどうれんげもんけい)の国宝がある。本尊は「見返り阿彌陀」の俗称で知られる。永観堂。
[二] 奈良県葛城市にある当麻寺(たいまでら)の正称。
[三] 東京都三鷹市下連雀にある黄檗(おうばく)宗の寺。山号は霊泉山。万治二年(一六五九)火防地として公収された江戸神田の連雀町から当地に移住した住民の願いにより、築地本願寺の松之坊を移したのに始まる。元祿一二年(一六九九)に黄檗宗に改宗。森鴎外や太宰治の墓がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禅林寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禅林寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation