@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禅譲【ゼンジョウ】

デジタル大辞泉

ぜん‐じょう〔‐ジヤウ〕【禅譲】
[名](スル)
中国における易姓革命観に基づく君主交代の一形式。天子がその位を世襲としないで、有徳の人にゆずること。→放伐(ほうばつ)
天子または支配者がその位をゆずること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんじょう【禅譲】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんじょう【禅譲】
スル
中国で易姓革命の思想から、天子がその位を世襲によらず、徳のある者に譲ること。 → 放伐
天子が位を譲ること。譲位。
権力の座を話し合いによって他に譲り渡すこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐じょう ‥ジャウ【禅譲】
〘名〙
① 中国で、帝王がその位を子孫へ伝えないで有徳者に譲ること。堯が舜に、舜が禹に帝位を譲った類。
※国民性十論(1907)〈芳賀矢一〉一「ただ二十一史を読み、二十二史をよんでも、禅譲討伐の事だけは支那を学ばなかったのである」 〔後漢書‐逸民伝論〕
② 天皇または支配者がその位を後継者に譲ること。譲位。
※神皇正統記(1339‐43)中「禅譲、尊号つねの如し」
③ 一般に、権力の座を話し合いで譲り渡すこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

禅譲
ぜんじょう
中国で天命を受けたと考えられる有者に帝位をること
戦国時代に孟子が革命(天命が革 (あらた) まるの)を是認したが,漢代に古代の聖天子 (ぎよう) ・ (しゆん) ・ (う) は血統によらず有徳者に平和的に政権を譲ったという伝説がつくられ,魏以後,五代・宋までは,新王朝の建設者は纂奪者 (さんだつしや) の汚名を避けるために譲の形式をとった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

禅譲
ぜんじょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禅譲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禅譲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation