@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

福井県【ふくい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福井〔県〕
ふくい
面積 4190.49km2
人口 78万6740(2015)。
年降水量 2237.6mm(福井市)。
年平均気温 14.5℃(福井市)。
県庁所在地 福井市
県木 マツ
県花 スイセン
県鳥 ツグミ

本州の中央部,日本海側にある県。敦賀湾東方の木ノ芽峠を境に地形的,風土的に二分される。北半は嶺北と呼ばれ,石川県境の加越山地,岐阜県境の越美山地に属する越前中央山地,日本海岸の丹生山地に囲まれ,ほぼ全域が九頭竜川の水系に属する。本流沿いに大野盆地,支流日野川沿いに武生盆地があり,足羽川も含めた下流域に福井平野が開ける。嶺南は野坂山地丹波山地が海岸に迫り,湾頭に断層性の沈降による小浜平野敦賀平野などの小平野がある。気候は日本海岸気候であるが,冬季の積雪量は嶺北で多く,嶺南では比較的少ない。かつての越前国若狭国にあたり,早くから畿内文化の影響を受けた。廃藩置県後,1881年に県域が確定。農業の米作依存度は日本有数の高さであったが,生産調整のため転作がはかられ,兼業化が著しい。 1880年代後半から羽二重の産地として急発展を遂げ,のち人絹,次いで合成繊維へ主力を移し,「織物王国」の地位を保っている。越前市五箇の和紙,鯖江市河和田の漆器,鯖江市神明の眼鏡枠,小浜市の若狭塗と瑪瑙細工,越前市武生の打刃物などの特産がある。漁業は沿岸,沖合いともに盛んで,サバ,イカ,ブリ,カレイなどを水揚げする。若狭湾に突出する半島先端部の交通は船に頼っていたが,1960年代後半以降敦賀半島,大島半島 (おおい町) ,内浦湾東岸に計 13基の原子力炉と新型転換炉「ふげん」,高速増殖炉「もんじゅ」が建設され,道路も整備された。海岸は豪壮な断崖と海水浴場の適地が連なり,ほぼ全域が越前加賀海岸国定公園若狭湾国定公園に属する。北半の山岳・峡谷地帯の一部は,白山国立公園奥越高原県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

福井県
北陸甲信越地方南西部に位置する県。気候は冬期に曇りや雪の多い日本海式気候に属する。農業のほか繊維工業・機械工業、眼鏡産業などが盛ん。また多くの原子力発電所があり、関西経済圏へのエネルギー供給基地でもある。県花は、水仙。県木は、松。県鳥は、つぐみ。県魚は、越前がに。

[福井県のブランド・名産品]
明里ねぎ | 穴馬かぶら | 板垣大根 | 銀杏材木工品 | うるしダルマ | 越前打刃物 | 越前うに | 越前鬼瓦 | 越前織 | 越前がに | 越前瓦 | 越前指物 | 越前漆器 | 越前〆縄 | 越前白茎ごぼう | 越前水仙 | 越前竹人形 | 越前美化木 | 越前水引工芸 | 越前焼 | 越前和紙 | 越前和蝋燭 | 勝山水菜 | 木田ちりめんじそ | 河内赤かぶ | 越のルビー | 古田苅かぶら | さといも | 鯖江のメガネフレーム | 鯖江木彫 | 武生唐木工芸 | 武生唐木指物 | 武生桐箪笥 | 手打ちそば作り用具 | 名田庄木工品 | 春江木芸 | 福井梅 | 福井しいたけ | 福井仏壇 | 丸岡神具 | 三国箪笥 | 三国仏壇 | 谷田部ねぎ | 油団 | 吉川なす | よもぎ草染 | 六条大麦 | 若狭かれい | 若狭牛 | 若狭ぐじ | 若狭塗 | 若狭塗箸 | 若狭パール | 若狭ふぐ | 若狭めのう細工 | 若狭和紙

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくい‐けん フクゐ‥【福井県】
中部地方北西部の県。越前・若狭の二国が、明治四年(一八七一)の廃藩置県により七つの県に分かれたが、まもなく福井・敦賀の二県に統合。福井県はのち足羽県と改称され、同六年敦賀県に合併された。さらに同九年北部七郡は石川県に、南部四郡は滋賀県に分属したのち、同一四年に両県から分離再統合されて福井県となる。県庁所在地福井市。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくい‐けん〔フクゐ‐〕【福井県】
福井

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福井県」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福井県の関連情報

関連キーワード

福井[県]豊田市の人口ホー(賀)県サモエード日本航空(株)病弱・身体虚弱教育福井(県)田尻町の要覧福井県の要覧アセトイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation