@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

福井藩【ふくいはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福井藩
ふくいはん
初め北庄 (きたのしょう) 藩といい,のち越前藩とも称した。江戸時代,越前国 (福井県) 福井地方を領有した藩。戦国時代は朝倉氏の所領であったが,朝倉氏が一乗谷で滅亡後は柴田勝家が支配した。柴田氏も賤ヶ岳の戦いによって滅亡し,代って天正 11 (1583) 年丹羽長秀,同 13年堀秀政の所領となり,さらに慶長3 (98) 年小早川秀秋,同4年青木一矩の所領となった。関ヶ原の戦い後の同6年徳川家康次男結城秀康が 67万石で入封,同9年結城姓を松平と改姓。元和9 (1623) 年2代忠直が発狂して除封され,代って越後 (新潟県) 高田から忠直の弟忠昌が 52万 5000石で入封し,北庄を福井と改称した。正保2 (45) 年7万 5000石を2子に分与。貞享3 (86) 年6代綱昌の発狂により除封されたが,宗族のため昌親が 25万石で新封され,7代藩主となった。この石高半減は藩政を大きく動揺させたが,14代斉承,16代慶永 (よしなが) らの名君が藩政の改革に成功して危機を乗越えた。この間2度加封があり,文政1 (1818) 年以後 32万石。特に慶永は橋本左内,横井小楠由利公正らの人材を登用し,開国から大政奉還までの間,公武合体派の中心として,さらには最初の政事総裁職として幕政に寄与した。次の 17代茂昭 (もちあき) のとき廃藩置県にいたった。家門,江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

福井藩
越前国、福井(現:△福井県福井市▽)を本拠地とした親藩。関ヶ原の戦いの後、徳川家康の次男、結城秀康が越前一国68万石与えられ入封。秀康は結城姓を松平姓に復し、当地は幕末まで松平(結城)家が治めた。松平慶永(春嶽)が藩主をつとめた幕末期には、橋本左内、由利公正といった藩士が藩政改革などに活躍した。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

ふくいはん【福井藩】
江戸時代越前(えちぜん)国足羽(あすわ)郡福井(現、福井県 福井市)に藩庁をおいた親藩(しんぱん)。藩校は正義堂、明道館(めいどうかん)。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦い後、徳川家康(とくがわいえやす)の次男結城秀康(ゆうきひでやす)に越前1国68万石が与えられ成立した。秀康は柴田勝家(かついえ)が築いた北庄(きたのしょう)城を移転改築して居城とし、結城姓を松平に復し、越前松平家を興した。秀康は藩政の基礎を固め、その長男忠直(ただなお)も鳥羽野(とばの)開拓などで治績をあげたが、秀康の弟秀忠が将軍になったことから幕府に反抗的となり、23年(元和(げんな)9)に忠直の乱行を理由に豊後(ぶんご)国に配流された。翌24年(寛永(かんえい)1)、秀康の次男松平忠昌(ただまさ)が50万石で継承、北庄を福居(のちに福井)と改めた。このとき、越前は丸岡藩大野藩勝山藩(越前国)など複数の藩に分割され、その後の相続の混乱もあって、福井藩は所領を大幅に減らし、86年(貞享(じょうきょう)3)には25万石まで減封となった。その後32万石まで復して明治維新に至った。御三卿(ごさんきょう)の田安徳川家から養子に入った幕末の藩主松平慶永(よしなが)(春嶽(しゅんがく))は、橋本左内(さない)らを登用、また肥後(ひご)国 熊本藩から横井小楠(しょうなん)を招いて藩政改革を行った。幕政でも一橋(ひとつばし)派として大老井伊直弼(なおすけ)と対立、安政の大獄で隠居させられたが、謹慎解除後は公武合体派の重鎮として活躍した。1871年(明治4)の廃藩置県により、福井県、足羽県、敦賀(つるが)県、石川県を経て、81年に再置の福井県に編入された。◇越前藩、北庄藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくいはん【福井藩】
越前国(福井県)足羽郡福井に藩庁を置いた親藩。1600年(慶長5)関ヶ原の戦後,徳川家康の次男結城秀康が越前一国68万石を与えられて成立した。秀康は下総国結城から商工人を伴って入国しているが,城下町の地子を免除し,税制や交通を整備するなど領国経営の基礎を固めた。長男松平忠直も久世騒動といわれる御家騒動を切り抜け,鳥羽野を開拓するなどの治績をあげたが,23年(元和9)乱行を理由に豊後国に配流された。ただし伝えられる忠直の乱行は多く潤色で,すべてが史実とは認められない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

福井藩
ふくいはん
越前(えちぜん)国福井(福井市)地方を領有した藩。親藩。越前藩、北庄(きたのしょう)藩ともいう。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いののち、徳川家康の次男結城秀康(ゆうきひでやす)が68万石を賜って成立。その後忠直(ただなお)、忠昌(ただまさ)(50万5000石)、光通(みつみち)(42万石)、昌親(まさちか)(47万5000石)、綱昌(つなまさ)、吉品(よしのり)(昌親再封、25万石)、吉邦(よしくに)、宗昌(むねまさ)(30万石)、宗矩(むねのり)、重昌(しげまさ)、重富(しげとみ)、治好(はるよし)(32万石)、斉承(なりつぐ)、斉善(なりさわ)、慶永(よしなが)(春嶽(しゅんがく))、茂昭(もちあき)と続いて明治維新に至る。姓は秀康に諸説あるが、忠直以降松平(まつだいら)を称し、名も将軍の偏諱(へんき)を賜った。秀康・忠直父子は優れた武将で、秀康は藩政の基礎を固め、忠直も祖父が「日本の樊噌(はんかい)」とその功を賞したほどであったが、秀康の弟徳川秀忠(ひでただ)が将軍になったこともあってか、ともに奇矯のふるまいが目だち、忠直は1623年(元和9)豊後(ぶんご)国(大分県)に配流された。家光の将軍就任に先だち、2代にわたる不遜(ふそん)を責め禍根を断ったものとみられる。ただし「酒色に耽(ふけ)り無辜(むこ)を殺戮(さつりく)」したと伝えられる忠直の乱行なるものは、多く潤色であり、そのまま史実とは認められず、鳥羽野(とばの)開拓などみるべき治績も多い。重富の代1768年(明和5)には、2万人が参加したとされる有名な城下打毀(うちこわし)が起こった。1838年(天保9)襲封した慶永は、橋本左内(さない)、横井小楠(しょうなん)(熊本藩)、中根雪江(せっこう)などのブレーンに恵まれて藩政改革に成功した。さらに幕政でも一橋(ひとつばし)派として井伊大老と対立し、敗れて「隠居急度慎(いんきょきっとつつしみ)」とされたが、1862年(文久2)政事総裁職として復帰し、公武合体路線を主張して活躍した。産業は、早くから越前奉書の名をもつ五箇(ごか)の和紙が盛んで、藩の専売品となっていた。また絹織物は幕末期下級武士の内職として行われた。藩校は正義堂、さらに明道館と称した。1871年(明治4)廃藩、福井、足羽(あすわ)、敦賀(つるが)、石川県を経て、81年再置の福井県に入る。[隼田嘉彦]
『『福井県史 2』(1921・福井県) ▽『福井県史(新編) 資料編 3・4』(1982、84・福井県)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福井藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福井藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation