@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

福富草子【ふくとみのそうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福富草子
ふくとみのそうし
室町時代の御伽草子および絵巻。一名『福富長者物語』。作者,成立年未詳。放屁の名手福富織部の術をうらやみ,隣の乏少 (ぼくしょう) の藤太が妻の鬼姥 (おにうば) にすすめられて弟子入りするが失敗する。物うらやみをいさめた風刺滑稽談。『花咲爺』の原型の一つ。妙心寺春浦院の絵巻は詞書がほとんどなく,人名も違っているがこれが原作であろう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくとみぞうし〔フクとみザウシ〕【福富草子/福富草紙】
御伽草子。1巻。作者未詳。南北朝時代の成立とされる。放屁(ほうひ)のじょうずな福富長者をまねた男の失敗談。絵巻物としても伝わる。福富長者物語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

福富草子
ふくとみぞうし
室町前期の御伽 (おとぎ) 草子
2巻。筆者不詳。放屁が上手でそれを業として富み栄えた老人のまねをし,みごとに失敗した老人の庶民的寓話物語。滑稽・奇抜な内容で風刺に富み文章表現も的確である。近世の「花咲爺物語」の前身とされている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福富草子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福富草子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation