@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

福島正則【ふくしま まさのり】

美術人名辞典

福島正則
安土桃山・江戸前期の武将尾張生。福島市兵衛正信長男幼名市松通称は左衛門大夫、号は高斎、法号は海福寺月翁正印大居士。幼時より秀吉に仕え、山崎の戦、賤ヶ岳の戦等において数々の軍功を挙げ尾張清洲城主となる。関ヶ原の戦では東軍に属して戦い家康より安芸備後二カ国を与えられ広島城主となるが、元和5年(1619)、広島城無断修築により信濃高井郡高井野邑に蟄居。寛永元年(1624)歿、64才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ふくしま‐まさのり【福島正則】
[1561~1624]安土桃山・江戸初期の武将。尾張の人。幼少時から豊臣秀吉に従い各地歴戦賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いでは七本槍筆頭として活躍。関ヶ原の戦いでは徳川方に属し、安芸(あき)広島城主となったが、城の修築でとがめられ所領没収、信濃に移された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

福島正則 ふくしま-まさのり
1561-1624 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)4年生まれ。福島正信(まさのぶ)の長男。豊臣秀吉につかえ,賤ケ岳(しずがたけ)の戦い(七本槍のひとり),小牧長久手(ながくて)の戦い,朝鮮出兵などで活躍。文禄4年尾張(おわり)清洲城主となる。関ケ原の戦いでは徳川方につき,安芸(あき)広島藩主。49万8000石。広島城の無断修築をとがめられて領地没収となり,元和(げんな)5年信濃(しなの)川中島4万5000石にうつされ,高井野に蟄居(ちっきょ)した。寛永元年7月13日死去。64歳。幼名は市松。通称は左衛門大夫(さえもんのたいふ)。号は高斎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふくしままさのり【福島正則】
1561‐1624(永禄4‐寛永1)
安土桃山~江戸初期の大名。幼名市松,左衛門大夫,清須侍従と称し,高斎と号す。尾張国二ッ寺村(愛知県美和町)に出生。父は市兵衛正信,母は豊臣秀吉の伯母という。俗書に桶屋の子と伝えるが確証はない。1578年(天正6)秀吉に仕え,82年播磨神東郡内で300石を加増され,翌年賤ヶ岳の戦に〈七本槍〉の筆頭として活躍,他の面々が3000石であるのに別格の5000石の加増をうけた。85年紀伊雑賀攻撃で和泉畠中城攻めに功をたて,一躍,伊予で10万石を領して秀吉子飼いの大名となり今治に居城,従五位下左衛門尉に叙任した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくしままさのり【福島正則】
1561~1624 安土桃山・江戸初期の武将。尾張の人。幼名、市松。幼少から豊臣秀吉に仕え、賤ヶ岳七本槍の筆頭となった。1595年、尾張清洲二四万石城主。関ヶ原の戦いでは徳川方先鋒。戦後、安芸広島五〇万石の城主。のち城修築の件で所領を没収され信濃に蟄居ちつきよ、病死した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福島正則
ふくしままさのり
[生]永禄4(1561).尾張
[没]寛永1(1624).7.13. 信濃
安土桃山~江戸時代初期の武将。正信の子。幼名,市松。剃髪して高斎と号した。幼時から豊臣秀吉に仕え,天正6 (1578) 年播磨三木城攻略に従い,同 11年賤ヶ岳に柴田勝家と戦い,賤ヶ岳の七本槍の一人に数えられた。同 13年伊予今治城主となり,従五位下,左衛門尉に叙任。九州征伐小田原征伐,文禄・慶長の役にも従軍。文禄4 (95) 年尾張清洲城主となり,慶長2 (97) 年侍従に叙せられ,羽柴のを受けた。関ヶ原の戦いには東軍に属し,戦後,安芸広島 49万石余となった。大坂の陣後,元和3 (1617) 年従四位下,参議に進み,同5年無断で広島城を改築したかどで封を奪われ,信濃川中島に流され,同高井郡に蟄居して死去した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

福島正則
ふくしままさのり
(1561―1624)
安土(あづち)桃山時代の武将。永禄(えいろく)4年尾張(おわり)国海東郡二寺(ふたつでら)村(愛知県あま市)に生まれる。幼名市松。父は正信(市兵衛)、母は豊臣(とよとみ)秀吉の叔母木下氏という。家業は桶(おけ)屋であったともいう。幼少より秀吉に近侍。1578年(天正6)秀吉の小姓衆として播磨(はりま)国(兵庫県)三木(みき)城攻略に従軍、初めて功名をあげた。その後も秀吉の旗下として山崎の合戦、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦(1583年、七本槍(やり)の一人、5000石の物頭(ものがしら)となる)、小牧(こまき)・長久手(ながくて)の合戦などで武名をとどろかす。1585年従(じゅ)五位下左衛門尉(さえもんのじょう)に任ぜられ、以後左衛門大夫正則と名のる。1587年秀吉の九州征服に従い、同年伊予国(愛媛県)において11万石を領し、湯築(ゆづき)城(松山市)に入る。のち国分(こくぶ)城(国府(こくふ)城、今治(いまばり)市)に移る。その後小田原征伐、朝鮮出兵などに従軍。1595年(文禄4)尾張国清須(清洲)(きよす)24万石に転じた。関ヶ原の戦いには徳川家康に味方し戦功をたて、安芸(あき)・備後(びんご)両国49万8000石の大名となり広島城に入る。その後広島城の修築を無断で行ったとして1619年(元和5)改易され、信濃(しなの)・越後(えちご)国内で4万5000石を与えられ、高井野(長野県上高井郡高山村)に蟄居(ちっきょ)した。翌年、子忠勝(ただかつ)の死により越後の2万5000石を返上。『徳川実紀』には資性強暴、悪業を行い大名として失格者、そのうえ反逆のうわさがあると記されているから、そこらに改易の真意があったといえよう。広島城主などとしての政治経済・文化政策からみると、実際の正則は能力のある優れた人物であったことが推察される。寛永(かんえい)元年7月高井野で没した。このとき幕府検使の到着前に遺骸(いがい)を荼毘(だび)に付したため、遺領は収公、廃藩となった。墓は京都妙心寺塔頭(たっちゅう)海福院に、霊廟(れいびょう)は岩松院(がんしょういん)(上高井郡小布施(おぶせ)町雁田(かりた))に、屋敷跡(県史跡)は高山村にある。[青野春水]
『『広島県史 近世1』(1981・広島県)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくしま‐まさのり【福島正則】
安土桃山・江戸初期の武将。幼時から豊臣秀吉に仕えた。賤ケ岳七本槍の筆頭となり、小牧・長久手の戦い、九州・小田原征伐などで活躍。関ケ原の役で徳川方につき、安芸広島城主となったが城修築でとがめをうけ、所領を没収された。永祿四~寛永元年(一五六一‐一六二四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

福島正則
ふくしままさのり
1561〜1624
安土桃山〜江戸時代初期の武将・外様大名
尾張(愛知県)の人。幼時から豊臣秀吉に仕え,1583年賤ケ岳の戦いでは七本槍の一人となり,尾張清洲24万石を領した。関ケ原の戦いでは東軍に属して活躍し安芸 (あき) ・備後(いずれも広島県)49万石を領有。しかし豊臣系の大名のため幕府に警戒され,1619年居城広島城の無届修築を理由に信濃(長野県)川中島4万5000石に封され,不遇のうちに死んだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福島正則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福島正則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation