@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

福島【ふくしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福島
ふくしま
長崎県北部,松浦市北東部の旧町域。伊万里湾内の福島を主島とする。 1951年町制。 2006年松浦市,鷹島町と合体して松浦市となった。福島は玄武岩に覆われた台地状の島で,明治中期以降炭鉱の島として栄えたが,1972年炭鉱は閉山。以降は農業を主とし,米,ミカンのほか,レタスを特産,畜産も行なわれる。 1967年には東端の喜内瀬免 (きないせめん) と伊万里市との間に福島大橋 (225m) が完成。観光開発が盛んで,関連施設の建設が進んでいる。玄界灘を望む土谷の棚田,ツバキの原生林玄海国定公園に属するイロハ島景勝などが有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくしま【福島】[都道府県]
東北地方南部の県。陸奥(むつ)から分かれた岩代(いわしろ)磐城(いわき)の2国にあたる。人口202.9万(2010)。
福島県北部の市。県庁所在地。江戸時代は奥州街道宿駅で、板倉氏城下町。電器・食品工業や、桃・ナシなどの果樹栽培が行われる。飯坂土湯などの温泉がある。平成20年(2008)に飯野町を編入。人口29.2万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふくしま【福島】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふくしま【福島】[大阪市の区]
大阪市北部の区名。中小工場が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

福島
愛媛県今治市、大崎上島中ノ鼻の東沖合いに位置する無人島。古くは「鶏島」と呼ばれた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福島
佐賀県と長崎県の県境、伊万里湾の湾口に位置する島。面積約16.98平方キロメートル。長崎県松浦市に属する。島東部の「福島大橋」で本土(佐賀県伊万里市波多津町)と結ばれる。かつては炭鉱の島として栄えた。島の中西部に位置し玄界灘を望む「土谷(どや)棚田」は農林水産省により日本の棚田百選に選定された景勝地

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくしま【福島】
木曾谷(長野県)の中心の町。中世には木曾氏の城館があった。元和年間(1615‐24)木曾は尾張藩領となり,木曾代官山村甚兵衛の陣屋町,また中山道の宿場町として発達した。宿場の入口には福島関が設けられていた。木曾川をはさんで町づくりされ,右岸が代官屋敷とそれに続く武家屋敷,左岸の中山道沿いに宿場町が町並みをつくっていた。福島宿は上(かん)町,下(しも)町,横宿からなり,町長3町55間,本陣,脇本陣,問屋をはじめ136軒の町家が軒を並べていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

福島
(長野県木曽郡木曽町)
中山道六十九次」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくしま【福島】
[一] 福島県北部の地名。県庁所在地。阿武隈川の流域にある。江戸時代は奥州街道の宿駅、板倉氏三万石の城下町として発達。電気・機械・繊維などの各種工業、また、リンゴ、モモ、ナシなどの果樹栽培がさかん。明治四〇年(一九〇七)市制。
[二] 大阪市の行政区の一つ。昭和一八年(一九四三)北区・此花区・西淀川区から分離成立。淀川と堂島川・安治(あじ)川にはさまれた低地にある。中小工場が多い。大阪中央卸売市場がある。
[三] 長野県木曾郡木曾福島町の地名。木曾谷の政治・文化の中心で、江戸時代は中山道宮之越と上松との間の宿駅であった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふくしま【福島】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation