@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

福栄【ふくえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福栄
ふくえ
山口県北部,萩市中部の旧村域。 1955年福川村と紫福村が合体して福栄村が発足。 2005年萩市,川上村,田万川町,むつみ村,須佐町,村の6市町村と合体して萩市となった。急峻な山が多く,耕地の平均標高が 150mの高冷地。林業米作のほか,野菜,果樹などの栽培が行なわれ,阿中はくさいを特産。南部に阿武川ダムがある。国の重要文化財の森田家住宅,古刹の仏光寺,景勝地の佐々連鐘乳洞などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

福栄
ふくえ
山口県北部、阿武郡(あぶ)にあった旧村名(福栄村(そん))。現在は萩市(はぎし)の中北部を占める地域。旧福栄村は、1955年(昭和30)福川、紫福(しぶき)の2村が合併して成立。2005年(平成17)萩市と合併。大井(おおい)川の中流域を占め、羽賀台(はがのだい)、平蕨(ひらわらび)台など玄武岩台地の噴出によって埋積平野が発達する。水田に恵まれた高原農村で、ハクサイ、クリ、ブドウの栽培も盛ん。旧村時代に役場が置かれ、現在は萩市福栄総合事務所のある福井市(いち)は近世の石州街道に沿う市場町。阿武川の支流佐々連(さざれ)谷には佐々連鍾乳洞(しょうにゅうどう)がある。庄屋(しょうや)を務めた森田家の住宅(江戸後期)は国指定重要文化財。大板山たたら製鉄遺跡は山口県指定史跡。[三浦 肇]
『『福栄村史』(1966・福栄村) ▽『福栄村史 続』(2005・福栄村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福栄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福栄の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎新藤兼人コーマン[各個指定]芸能部門野村芳太郎久松静児マキノ雅広森一生川島雄三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation