@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

福王流【ふくおうりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福王流
ふくおうりゅう
能楽ワキ方の流儀名。流祖は福王神右衛門盛忠 (大永1〈1521〉~慶長 11〈1606〉) 。観世座ワキ方の棟梁観世小次郎元頼らに学び,織田信長に召出され,以後代々観世座付ワキ方となる。歴代では,謡曲を新作した2世盛義 (永禄3〈1560〉~寛永2〈1625〉) と8世盛有 (寛文3〈1663〉~元文3〈1738〉) ,晩年服部宗巴と号し,のちの「京観世」の基礎を築いた5世盛親 (慶長 14〈1609〉~延宝1〈73〉) ,雪岑と号した画家でもある9世盛勝 (元禄 14〈1701〉~天明5〈85〉) が著名。 1898年,14世繁十郎盛哲没後は宗家断絶となったが,東京の花咲右衛門,野島信,京阪の江崎金治郎,中村弥三郎らが芸系を伝え,1938年中村弥三郎の子が再興して 15世福王茂十郎 (1909~76) を襲名。現宗家は 15世の長男,16世茂十郎 (1943~ ) 。詞章,節付,謡い方は観世流シテ方と大差ない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくおう‐りゅう〔フクワウリウ〕【福王流】
能のワキ方流派の一。福王神右衛門盛忠(1521~1606)を流祖とし、観世座付きであった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくおうりゅう【福王流】
能のワキ方の流派名。流祖の福王神右衛門盛忠(但馬守,遅。1521‐1606)は播磨国三木の神職。観世座ワキ方の棟梁観世小次郎元頼らに学び,織田信長に召し出され観世のワキ方になったという。以後,代々観世の座付として活躍。5世茂兵衛盛親(1609‐73)は観世黒雪の弟服部栖元の子で,4世盛厚に後嗣がなく(娶らなかった),中絶していた福王家を再興した。盛親は晩年,京に退隠して服部宗巴と号して素謡(すうたい)の教授を専門とし,以後,福王は京都の素謡界に地歩を固めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくおうりゅう【福王流】
能のワキ方の流派の一。流祖は福王神右衛門盛忠(1521~1606)。江戸時代は観世座の座付。京阪地方に地盤をもつ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくおう‐りゅう フクワウリウ【福王流】
〘名〙 能楽のワキ方の流派の一つ。播磨国(兵庫県)三木の福王七社の神官、福王神右衛門盛忠(一五一一‐一六〇六)にはじまるもの。観世座のワキ方をつとめ、五代盛親の時、隠居して服部宗巴と改めて京都で素謡を専門に教えた。これが京観世の始まりとなった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福王流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福王流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation