@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

福者【ふくしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福者
ふくしゃ
Beatus; Blessed
カトリック教会において,死後,その司牧活動や殉教などの聖なる生涯のゆえ信徒の崇敬の対象となることを教会法に従って認められた。福者のに加えられる手続きを列福と呼ぶ。さらに二つ以上の奇跡的行為や優れた生活などが教会によって認定されるときは,列聖の手続きを経て聖人(→聖者)となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふく‐しゃ【福者】
幸運にめぐまれた人。また、富裕な人。福人(ふくじん)。
カトリック教会で、死後、その聖徳を認められた者に対して、教会より贈られる敬称。また、それを受けた人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくしゃ【福者】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ふく‐しゃ【福者】
〘名〙
① 幸せな人。富裕な人。福人。
※曾我物語(南北朝頃)六「かのふん女は、おなじくふくしゃといひながら」
② カトリック教会で、死後、その聖徳を認められた者に対して、教会が贈る敬称。また、それを受けた人。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation