@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禰宜【ねぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禰宜
ねぎ
神職の一つ。神主の下, (はふり) の上に位し,また神宮や,官幣社国幣社において宮司に従って祭事を行い事務を司った。現今では宮司に次ぐ神職

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねぎ【×禰宜】
《動詞「ね()ぐ」の連用形から》
神社で、宮司(ぐうじ)・権(ごん)宮司を佐する職。また、一般に神職の総称
昔の神職の一。神主の下、祝(はふり)の上の位。
バッタ別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねぎ【禰宜】
神職の名称の一つで,神職の総称としても用いる。もっぱら,祭祀に従事する。伊勢神宮では,祭主,大宮司,少宮司の下に禰宜を置いた。その起源については荒木田(あらきだ)神主などの遠祖である天見通命がはじめて補任されたとする(《皇太神宮儀式帳》)。その定員は《延喜式》では内宮・外宮各1員と定めているが,その後逐次増員されて,1304年(嘉元2)以降10員となり現在に至っている。10員の禰宜は,その任叙の次第によって一禰宜,二禰宜などあるいは一神主,二神主などと呼ばれ,第一の者を長官(ちようがん)と称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

禰宜
ねぎ
神社に奉仕する神職の総称。禰宜という語は「労(ね)ぐ」が名詞化したもので、神意を慰めるという義。神を祭り、神に祈(ね)ぐ(祈願)ことをつかさどる職業。古くは神主と祝(はふり)の中間に位置したが、現在の神職制によれば、禰宜は宮司(ぐうじ)・権(ごん)宮司の下、権禰宜の上に位置する。禰宜を初めて置いたのは神宮であり、大宮司の下に10人(現在は12人)置かれ、中世以降は荒木田(あらきだ)氏(内宮(ないくう))と度会(わたらい)氏(外宮(げくう))が世襲した。著名な大社にはたいてい禰宜が置かれ、その上首を長官(神宮)・大(おお)禰宜(鹿島(かしま)神宮)などと称した。宇佐(うさ)神宮には女禰宜もいた。[三橋 健]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねぎ【禰宜】
〘名〙 (動詞「ねぐ(労)」の連用形の名詞化。「禰宜」はあて字。→「ねぐ(労)」の補注)
① 昔、伊勢神宮以下、各神社に奉仕した神職。神主の下、祝(はふり)の上に位した。また一般に、神職の総称としても用いる。伊勢両宮では、大宮司・少宮司の下に各々一〇人の禰宜および大内人・物忌などがいて奉仕した。
※続日本紀‐天平勝宝元年(752)四月戊戌「詔授〈略〉伊勢大神宮禰宜従七位下神主首名外従五位下
② 現在、伊勢神宮および神社本庁管轄下の全国の神社に置かれる神官・神職の一つ。宮司・権宮司の下、権禰宜の上に位する。伊勢神宮では、大宮司・少宮司のもとで祭事を行ない事務をつかさどる。
※官報‐明治二〇年(1887)三月一八日「宮司は奏任の待遇を受け、禰宜、主典は判任の待遇を受く」
③ 昆虫「ばった(飛蝗)」の異名。〔和漢三才図会(1712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禰宜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禰宜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation