@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禿筆【トクヒツ】

デジタル大辞泉

とく‐ひつ【×禿筆】
穂先の擦り切れた。ちびた筆。また、自分の文章や筆力を謙遜していう語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かぶろ‐ふで【禿筆】
〘名〙 穂先のすりきれた筆。ちびふで。とくひつ。かむろふで。
※俳諧・功用群鑑(1681頃)地「試るに命毛ながしかふろ筆〈桐陰〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちび‐ふで【禿筆】
〘名〙 穂先のすり切れた筆。また、自分の文、筆跡をへりくだっていう。敗筆。とくひつ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉一「大江山退治の際一泊と禿筆(チビフデ)の跡」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とく‐ひつ【禿筆】
〘名〙
① 使いふるされて、穂先がすり切れた筆。ちびた筆。
※本朝文粋(1060頃)四・為入道前太政大臣辞職第三表〈大江匡衡〉「仰前疏而増戦栗。濡禿筆而悩虞松」 〔杜甫‐題壁上韋偃画馬歌詩〕
② 転じて、自分の文章や文字を謙遜していう語。
※釈氏往来(12C後)六月日「感荷之至、禿筆難彰。委細期参啓之次

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禿筆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禿筆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation