@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

禿【かむろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禿
かむろ
かぶろ」ともいう。 (1) 前髪を切りそろえ,後髪も結わずにそろえて垂らす髪型。 (2) 江戸時代,吉原などの遊所で,大夫,天神など上級遊女に仕え将来遊女となるための修業をしていた少女。この禿を経ない遊女を「つき出し」といった。『江戸花街沿革誌』に「七八歳乃至十二三歳の少女後来遊女となるべき者にして遊女に事へ見習するを禿といふ。…禿の称号は吉原のみ用ひ,岡場所などにては豆どん,小職などと云ひ慣はしたり」とある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぶろ【×禿】
頭に髪がないこと。はげ頭。また、はげ山にもいう。かむろ。
「この頭(かしら)―ならん沙門(しゃもん)には」〈今昔・二・四一〉
髪を短く切りそろえて垂らした子供の髪形。また、その髪形の子供。かむろ。
「―におはしましし折は」〈栄花・峰の月〉
江戸時代、上級の遊女に仕えて見習いをした、6、7歳から13、4歳くらいまでの少女。かむろ。
「高雄といふ女郎は…―を引き連れ」〈浮・禁短気・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とく【禿】[漢字項目]
[音]トク(呉)(漢) []はげ はげる ちびる かむろ かぶろ
はげ。はげる。「禿頭愚禿
すり切れる。ちびる。「禿筆

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はげ【×禿】
毛髪が抜け落ちている部分。また、抜け落ちている状態。
山などに樹木のなくなっている状態。「禿山」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かむろ【×禿】
かぶろ」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かむろ【禿】
江戸時代の遊郭における少女の職名。〈かぶろ〉のなまりで,〈子ども〉とも呼ばれた。もともとは,髪を結わずに前髪をの上で切りそろえた髪形の名称であり,その髪形をした少女をもいった。遊郭のかむろが,初期にこの髪形をしたことは《松浦屛風》などの風俗画に描かれている。後には結髪してをつけたが,名称はそのまま残った。かむろの名は3字名を普通とし,ときに2字名を使うが(例 みどり,こう),4字名は用いなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はげ【禿】
もともと毛のある部位,ことに頭部毛髪が欠如しているか,まばらとなった状態をいう。医学用の脱毛症alopeciaは,日本語の意味からすれば,いったん生えた毛髪の脱落ということになるが,先天的な毛髪の欠落にも用いられることがあるので,ほぼそれと同義語と解釈してよい。元来,毛には成長期,退縮期,休止期周期(毛周期)があり,毛は最終的には自然に脱落するものである。正常な場合,この脱落による欠損は,新しい毛の再生により充てんされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

禿
かむろ

かぶろともいう。廓(くるわ)ことば。遊里で一人前の遊女になるための修業をしている6、7歳から13、14歳までの少女たちのこと。これを過ぎると吉原では振袖新造(ふりそでしんぞう)から番頭新造となり、さらに太夫(たゆう)となった。禿は髪を額のところで切り、残りを肩のあたりまで垂らして切りそろえたので切り禿ともいう。江戸末期の禿の服装は、桃色縮緬(ちりめん)か絖(ぬめ)の無地の表着に花魁(おいらん)の定紋を5か所つけ、帯はビロード、袖は広袖。浮世絵では花かんざしの華麗な服装で描かれている。太夫の道中では、女郎の格によりお伴(とも)の禿も3人、2人、1人の区別があった。桃山時代以来、一般婦女にも切り禿の髪がみられる。

[遠藤 武]

『西山松之助編『遊女』新装版(1994・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

禿 (カブロ)
植物。キンポウゲ科の多年草,園芸植物,薬用植物。オキナグサの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かぶろ【禿】
〘名〙
① (形動) 頭に毛髪がないこと。また、そのさま。はげ頭。かむろ。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※今昔(1120頃か)二「我、今よりは奴婢(ぬび)に食を与へて、此の頭禿(かぶろ)ならむ沙門には不加施ず」
② (形動) 山に樹木のないこと。また、動物の頭に角(つの)のないこと。その他、筆の毛のすり切れたさまや、樹木の葉の少ないさまなどにもいう。かむろ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※京大二十冊本毛詩抄(1535頃)一四「かふろな羊とは角のないを云て候ぞ」
③ 子供の髪型。髪の末を切りそろえ、結ばないで垂らしておく、おかっぱのような髪型。また、その子供。きりかぶろ。かむろ。
※書紀(720)允恭即位前(図書寮本訓)「天皇、岐嶷(カフロ)にましますより総角に至るまで、仁恵(うつくしび)ましまして倹下(へりくだ)りたまへり」
④ 遊女に使われる少女。太夫(たゆう)、天神など上位の遊女に仕えて、その見習いをする六、七歳から一三、四歳ぐらいまでの少女。かぶろっこ。かむろ。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「禿(カブロ)、遣手(やりて)も空(そら)知らぬ風情なり」
⑤ 武具。指物の名。棹の先端に(ヤク)の毛をまとめて短く下げたもの。はえはらい。
⑥ 植物「おきなぐさ(翁草)」の異名。〔物類称呼(1775)〕
[語誌](1)元来は①の意味だったが、それに擬することで②や③の用法が生じた。
(2)③は、数え年三歳の若宮の「目ざしなる御髪を、せちにかきやりつつ、遊びむつれ給にぞ」のメザシの例などから推すと、そもそもは、幼児が髪を生やし始める髪置き後あまり時を経ず、十分に髪が密集していない、「目ざし」程度の状態を①に見なし、そしてその髪型の幼児をも指したものであろう。
(3)その後③の用法は、「童」を仲介としてワラハとカブロの連想関係が強まり、次第に広く子供の短めの垂髪およびその髪型の子供を指すようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かむろ【禿】
〘名〙 (「かぶろ(禿)」の変化した語)
① =かぶろ(禿)①②
※幸若・敦盛(室町末‐近世初)「うたれたりといふならば、かむろの母がなげくべべし」
※浮世草子・世間母親容気(1752)一「七つ八つの時より苦界十年と定め十一二より禿(カムロ)に仕立てられ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち・びる【禿】
〘自バ上一〙 ち・ぶ 〘自バ上二〙 (「つぶ(禿)」と同語源) すりへる。すり切れる。すり切れて小さくなる。
※太平記(14C後)一一「歯禿(チビ)て、僅に残れる杉の屐(あしだ)あり」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「朝暮油断なく鋤鍬の禿(チビル)程はたらくが故ぞかし」
[補注]ラ行四段活用として用いた例も見られる。→ちびる(禿)〔自ラ五(四)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちび・る【禿】
〘自ラ五(四)〙 上一段動詞「ちびる(禿)」の四段活用化した語。
※人情本・花筐(1841)五「年にはなっても嘴の、黄ばみはとれぬ鈍才に、筆は禿(チビ)って動かぬを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つ・ぶ【禿】
〘自バ上二〙 毛などが抜け落ちる。すり切れる。はげる。ちびる。また、磨滅する。つぶれる。
※順集(983頃)「つびにける水茎して書き記して奉りおく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とく【禿】
〘名〙 仏語。頭髪を剃った様子。また、形は僧であって、半僧半俗の生活をしている人をいう。禿居士。
※本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉「私自落髪猥著法服。如此之輩積年漸多。天下人民、三分之二、皆是禿首者也。此皆家蓄妻子口啖腥膻。形似沙門心如屠児

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち・ぶ【禿】
〘自バ上二〙 ⇒ちびる(禿)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

禿
(通称)
かむろ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
羽突かむろ
初演
天明5.2(江戸・桐座(2代目菊之丞十三回忌追善興行))

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation