@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秀才【シュウサイ】

デジタル大辞泉

しゅう‐さい〔シウ‐〕【秀才】
非常にすぐれた学問的才能。また、その持ち主。
中国で、科挙試験科目の一。のち、科挙に応じるおよび合格者をさすようになった。また、・清時代には・県学の在学生を称した。
律令制の官吏登用試験科目の一。また、その試験に合格した者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す‐さい【秀才】
《「す」は「しゅう」の直音表記》「しゅうさい(秀才)3」に同じ。
「人に文読ませなどするほどに、―四人まゐれり」〈宇津保・沖つ白浪〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうさい【秀才】
日本古代の律令制下に式部省が行った官人登用試験の一つ。博学高才として大学などから貢挙されたものに,大きな論題二つを課し,上上~下下の9等に評価した。中上第までの4等が及第で,上上第は正八位上,上中第は正八位下を授けるがひじょうに難関であった。蔭位(おんい)資格者や孝悌で表彰されたものは,蔭位・叙階に一等を加えて叙すことになっていた。上下,中上第は式部留省であったが,802年(延暦21)にそれぞれ大初(そ)位上,大初位下に叙すことになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうさい【秀才】
学問・才能のすぐれた人。
中国で、科挙の科目の一。また、その合格者。唐中期頃廃絶。のちには科挙に応ずる者をいう。明・清代では府・州・県学の生員(在学生)の雅称。
律令制で、大学から推薦された学生に式部省が課した方略策、すなわち国家の根本問題についての論文試験。
文章得業生もんじようとくごうしようの異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すさい【秀才】
しゅうの直音表記
しゅうさい(秀才)に同じ。 -四人まゐれり/宇津保 沖つ白波

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秀才
しゅうさい
優れた才能の意で、その持ち主をもいう。中国で、隋(ずい)時代から清(しん)代までのおよそ1900年間行われた科挙(高等官資格試験)の、唐代における主要科目の一つに秀才科があり、秀才はその受験資格の持ち主や試験合格者をさしていった。日本でも令(りょう)制によって制度化され、重要国策に関する問題を扱う方略策の試験及第者の称とした。そのため文章得業生の異称としても用いられ、のち、さらにこれが転じて、人並みはずれた才能やその持ち主をいうようになり、今日のように、天才に次ぐ才能を意味し、知能段階の序列を表すことばとしても用いられるようになった。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐さい シウ‥【秀才】
〘名〙
① 令制の、官吏登用のための国家試験の科目の一つ。
※令義解(718)考課「凡秀才。試方略策二条
② ①の国家試験の合格者。
※令義解(718)選叙「凡秀才。取博学高才者
③ 文章得業生(もんじょうとくごうしょう)の異称。茂才。
※続日本後紀‐承和九年(842)一〇月丁丑「弱冠奉試補文章生、学業優長挙秀才
④ 昔、中国で行なわれた官吏登用試験科目。中唐以後廃絶。のち、科挙に応ずる者を一般に称した。また、明・清時代には府・州・県学の生員(在学生)をいった。
※両足院本山谷抄(1500頃)四「秀孝は秀は秀才ぞ。孝は孝廉直な者を科に挙ぞ」 〔唐六典‐巻四〕
⑤ すぐれた才能。また、その持ち主。学識・才芸などのすぐれた人。
※三十二番職人歌合(1494頃)三十一番「いたづらにふる身のはての愚昧なるをなげき他人の秀才なるをうらやみて自己の商売に懐をのぶ」 〔管子‐小匡〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す‐さい【秀才】
〘名〙 (「す」は「しう」の直音表記) 令制で大学寮の文章生の試験に及第したもの。しゅうさい。
※宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「人に文読ませなどするほどに、すさい四人まゐれり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秀才」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秀才の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation