@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

私徳政【しとくせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

私徳政
しとくせい
土一揆などが行なった,貸借,質入れ契約などの破棄をいう。正長1 (1428) 年近江から起った土一揆は,徳政を要求して,債権債務関係の破棄を行なった。その後土一揆が頻発し,質屋など債権者を襲い,借用証文や質物を奪い取ることが多かった。このような私徳政は桃山時代に終息した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐とくせい【私徳政】
室町時代、幕府が発令した徳政令によらず、土一揆実力で行った徳政。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しとくせい【私徳政】
幕府などの公権力が発布した徳政令によらず,私的に徳政の名で本来の持主が売買物,質入物を取り戻すこと。室町時代の社会の基層部には,なお移転した物,とくに土地は本来の持主のもとに帰るのが正しい姿であるという観念が強く存在し,種々の〈交替〉観念にもとづく契機により私徳政が行われる,〈徳政状況〉ともいうべき状態が存在した。この私徳政の形態としては,地発(じおこし)などのように個別的にひろく移転した所有物を取り戻すかたち,また一揆や郷村が集団のメンバーに限定して徳政を施行する在地徳政,さらに徳政一揆が施行する私徳政などがあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しとくせい【私徳政】
室町時代、幕府が正式に発令したものではない徳政。土一揆の実力による徳政や、大名が自分の領内で行う徳政など。私の徳政。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐とくせい【私徳政】
〘名〙 室町時代に、大名などが自分の領内でひそかに行なった徳政。
※親元日記‐政所賦銘引付・文明一二年(1480)六月七日「明豪法眼契約料足事、一乱中号私徳政、可棄破云々」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

私徳政
しとくせい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

私徳政」の用語解説はコトバンクが提供しています。

私徳政の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation