@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秋の日は釣瓶落とし【アキノヒハツルベオトシ】

とっさの日本語便利帳

秋の日は釣瓶落とし
秋の日は急に暮れるという。「釣瓶落とし」は、井戸の中へ釣瓶が落ちてゆく速さ。そんな速さでの日は暮れるということ。急転直下

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

あき【秋】 の 日(ひ)は釣瓶(つるべ)(お)とし
秋の日は沈み始めると、たちまち落ちることのたとえ。秋の日の鉈(なた)落とし。
※歌舞伎・勧善懲悪覗機関(村井長庵)(1862)六幕「秋(アキ)の日(ヒ)の釣瓶落(ツルベオト)し。日が暮れるに間もござりませねば、今日はお暇致しませう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ことわざを知る辞典

秋の日は釣瓶落とし
秋の日は、井戸の釣瓶が落ちるように早く沈み、暮れてしまう。秋の日暮れが早いことのたとえ。

[使用例] おや、もう夕方になりましたね。秋の日は釣瓶落としというが、なるほどれるのも早うございますな[松本清張*西海道談綺|1976~77]

[解説] 秋になると、日没時刻が早まるだけでなく、その後の薄明の時も短くなり、日が沈んで間もなく真っ暗になります。「釣瓶落とし」は誇張表現で、それくらい早く感じられるということです。

出典:ことわざを知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

秋(あき)の日(ひ)は釣瓶(つるべ)落(お)とし
秋の日が急に沈むことを、井戸に落とす釣瓶にたとえていう言葉。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋の日は釣瓶落とし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋の日は釣瓶落としの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation