@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秋吉台国定公園【あきよしだいこくていこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秋吉台国定公園
あきよしだいこくていこうえん
山口県中西部,厚東川(ことうがわ)以東の狭義の秋吉台を包含する自然公園。美祢市に属する。面積 45.02km2。1955年指定。秋吉台は標高約 400m,長さ 20km,幅 8kmの広大な台地で,カルスト地形特有のカレンフェルトドリーネウバーレポリエポノールなど珍しい地形がいたるところでみられる。地下には多くの石灰洞があり,代表的なものは秋芳洞,景清穴(かげきよあな),大正洞,中尾洞の四つ。主要部は 13.84km2にわたり,国の特別天然記念物として保護されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あきよしだい‐こくていこうえん〔‐コクテイコウヱン〕【秋吉台国定公園】
秋吉台の中央を流れる厚東(ことう)川から東を占める国定公園秋芳洞(あきよしどう)などを含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秋吉台国定公園
あきよしだいこくていこうえん

山口県西部にある日本最大の石灰岩地域を中心とした国定公園。1955年(昭和30)石灰岩台地の主要部分45.34平方キロメートルが指定された。2010年(平成22)現在、面積45.02平方キロメートル。このなかには、石灰岩層逆転の発見地である帰水凹地帯(かえりみずおうちたい)、石灰岩柱群が裸出するカレンフェルト景観の代表地である地獄台、ドリーネの密集する馬ころび一帯、日本有数の規模をもつ大鍾乳(しょうにゅう)洞である秋芳洞(あきよしどう)(特別天然記念物)をはじめ、景清穴(かげきよあな)、大正洞(ともに国の天然記念物)などが含まれている。なお、秋吉台地下水系は2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。

 秋吉台南麓(なんろく)の美祢市(みねし)秋芳町(しゅうほうちょう)秋芳(あきよし)広谷から台上を横断して、北東麓の同市美東町(みとうちょう)赤(あか)佐山の大正洞前に至る秋吉台スカイラインが通じており、これに沿って四季の変化に富むカルスト景観を観察することができる。台上には科学博物館、少年自然の家、ユースホステルなどの施設もある。

[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あきよしだい‐こくていこうえん ‥コクテイコウヱン【秋吉台国定公園】
山口県中西部にある石灰岩台地秋吉台の東部を占める国定公園。日本最大の標式的カルスト地域で、秋芳洞などの主要部は特別天然記念物。昭和三〇年(一九五五)指定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋吉台国定公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋吉台国定公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation