@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秋海棠【シュウカイドウ】

デジタル大辞泉

しゅう‐かいどう〔シウカイダウ〕【秋海×棠】
シュウカイドウ科の多年草。ベゴニアの仲間で、高さ約60センチ。、紅色の花が下垂して咲く。葉の付け根に小さいむかごをつけて増える。中国の原産で、庭園に植えられる。 秋》「臥して見る―の木末かな/子規

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうかいどう【秋海棠】
シュウカイドウ科の多年草。中国原産。ベゴニアの一種で、観賞用に栽培。茎は塊茎から出て、高さ約40センチメートル、葉はゆがんだ心臓形。秋、淡紅色の花を細い柄の上に開く。葉腋ようえきに珠芽が生じ、地に落ちて繁殖する。 [季] 秋。 節々に-の紅にじみ /虚子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

秋海棠 (シュウカイドウ)
学名:Begonia evansiana
植物。シュウカイドウ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐かいどう シウカイダウ【秋海棠】
〘名〙 シュウカイドウ科の多年草。東南アジア原産で、日本へは寛永年間(一六二四‐四四)に渡来したといわれ、観賞用に庭園に栽培される。高さ六〇センチメートルぐらい。地下の扁球茎の塊茎から緑色で節の赤い茎をだす。葉は長柄をもち長さ八~一五センチメートルのゆがんだ心臓形で縁には細かい鋸歯(きょし)がある。葉腋(ようえき)に小さな肉芽があり地に落ちて繁殖する。秋、枝先に長柄をもつ淡紅色の小さな花が咲く。果実には三個の翼がある。漢名、秋海棠。《季・秋》
※羅山先生詩集(1662)五四「秋海棠 植物従来造化工、海棠驚見向秋風 一枝雨後楊妃睡 九月梨花夢亦同」
※俳諧・東西夜話(1702)「秋海棠西瓜の色に咲にけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋海棠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋海棠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation