@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秋田平野【あきたへいや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秋田平野
あきたへいや
秋田県中部に広がる平野男鹿半島から南に続く海岸砂丘雄物川の沖積地からなる。基盤は新第三紀層で,その上に砂丘が形成される。北部の天王砂丘,南の新屋浜,下浜などがあり,総称して秋田砂丘と呼ぶ。天王砂丘は 10列の砂丘帯とその間の湿地帯からなる。江戸時代に植林が成功し,今日では野菜,果樹水田に利用。雄物川はたびたび流路を変更し,河跡湖,湿地帯を残している。河口付近では氾濫を防ぐため,1938年新屋付近の砂丘を切り開き放水路が完成した。横手盆地と並ぶ水田単作地帯で,特に農地改革後は生産力が著しく増大秋田市西方の八橋油田をはじめ,新第三紀層の背斜構造に石油,天然ガスが埋蔵されているが,近年その産出量は低下。1962年,秋田・男鹿両市を中心に秋田湾新産業都市の指定を受け,石油精製,金属精錬,木材加工,製紙などの工場が立地。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あきた‐へいや【秋田平野】
秋田県中西部、日本海に面して広がる平野。雄物川の下流域で、河口に秋田市がある。農業が発達し、日本でも有数の米作地帯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あきたへいや【秋田平野】
秋田県の中央部,雄物川下流から八郎潟南東部までの海岸平野で,海岸には砂丘が発達している。面積約180km2。基盤は油層を含む新第三紀層であるが,表層は砂礫(されき),粘土から構成され,きわめて低平である。雄物川はじめ岩見川,太平川,新城川,馬場目川などの流路変更により,多くの河跡湖や湿地帯が分布している。これらの低平な平野の大部分は耕地整備された単作水田で,地まわり米を産する。野菜,果物類の生産量は少なく,大部分を移入に頼っているが,雄物川下流に発達の著しい自然堤防上には四ッ小屋,仁井田などの集落が立地し,海岸砂丘地とともに畑や果樹園に利用されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

秋田平野
あきたへいや

秋田県中西部、日本海沿いに展開する平野。北の男鹿(おが)半島から南へ延びる天王(てんのう)砂丘、八郎潟(はちろうがた)干拓地、雄物川(おものがわ)の運搬物の堆積(たいせき)によってつくられた沖積地を含む。雄物川放水路左岸の海岸砂丘は、第三紀の基盤丘陵の上に堆積したもので、藩政期に栗田定之丞(くりたさだのじょう)によって植林が行われるまでは砂が内陸に移動して被害を与えた。雄物川下流は河道の変遷が多く、土崎港に流れ込んでいる旧雄物川も地震による地盤変動によって流路を変えたものである。この川はしばしば洪水をもたらし、1938年(昭和13)砂丘を横断し日本海に流れるように放水路の工事が行われた。八郎潟の東部は馬場目(ばばめ)川の運搬物が堆積してできた平野である。天王砂丘は雄物川からの運搬物が二次的に沿岸に堆積したもので、砂丘列は3条に分かれる。平野の中心地としての秋田市と男鹿市船川を結ぶ地域の都市化が著しい。農業は米作主体である。

[宮崎禮次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あきた‐へいや【秋田平野】
秋田県中部、日本海岸に広がる平野。秋田市南端下浜から八郎潟干拓地東部までの雄物川を中心とした地域。秋田米の主要産地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田平野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋田平野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation