@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秋田新幹線【あきたしんかんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秋田新幹線
あきたしんかんせん
盛岡と秋田を結ぶ JR東日本の鉄道。在来線田沢湖線奥羽本線大曲~秋田間を利用して走行する。延長 127.3km。 1996年日本鉄道建設公団によって建設が開始され,97年3月開業。トンネル橋梁など在来線の設備を利用した,いわゆるミニ新幹線であるが,軌道幅は新幹線と同じ標準軌となっている。田沢湖線の盛岡~大曲間は線路を造り替え標準軌として使用しているため,在来線は台車を標準軌に対応した新型車両を導入している。ただし奥羽本線の大曲~秋田間は在来線もそのまま走行できる3線軌道方式となっている。東北新幹線に連結した「こまち」が盛岡で切り離され,秋田まで最高時速 130kmで走行する。途中駅は雫石,田沢湖,角館,大曲。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あきた‐しんかんせん【秋田新幹線】
盛岡と秋田を結ぶミニ新幹線。平成9年(1997)開業。列車名称は「こまち」。全長127.3キロ。
[補説]秋田新幹線駅(盛岡駅以西):盛岡‐雫石(しずくいし)‐田沢湖‐角館(かくのだて)‐大曲(おおまがり)‐秋田

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あきたしんかんせん【秋田新幹線】
JR東日本の田沢湖線(盛岡~大曲間)を標準軌に,奥羽本線(大曲~秋田間)を標準軌と狭軌との併用に改め,東京~盛岡間の東北新幹線の列車の一部を直通運行するもの。山形新幹線に次ぐいわゆるミニ新幹線である。1997年3月に開業した。なお,秋田新幹線は愛称であり,JRの線路名称は従来どおりである。【和久田 康雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

秋田新幹線
あきたしんかんせん
いわゆるミニ新幹線の一つで、東北新幹線に乗入れて運転される特急「こまち」が走る、軌間1435ミリメートルの盛岡―大曲(おおまがり)―秋田間のJR線127.3キロメートルの通称。東日本旅客鉄道(JR東日本)の運営。線路名称上は盛岡―大曲間(75.6キロメートル)が田沢湖線、大曲―秋田間(51.7キロメートル)が奥羽本線に属する。
 秋田新幹線は、山形新幹線に次いで2番目にミニ新幹線化された線区で、1990年(平成2)、JR東日本が秋田ミニ新幹線技術検討プロジェクトを発足させ、1992年1月に国、秋田県、岩手県、JR東日本の間で費用の負担割合についての合意がなされて、同年3月工事に着手、1997年3月22日、開通した。田沢湖線は全線軌間1067ミリメートルから1435ミリメートルに改築されて(全線単線)、在来線車両の乗入れはできなくなったが、普通列車は車両を新軌間に合わせて改造して運行されている。奥羽本線の区間は1067ミリメートル軌間と1435ミリメートル軌間の単線各1本が並行する線路配置となった(ただし、奥羽本線峰吉川(みねよしかわ)―神宮寺(じんぐうじ)間の在来線を3線区間として、新幹線をこの区間で複線化し、新幹線列車の行違いができるようになっている)。東京―秋田間に直通する特急「こまち」は、東北新幹線では特急「はやて」と併結されて、盛岡からは単独で秋田新幹線の区間に入る。この区間は最高時速130キロメートルに制限されているが、「こまち」は東京―秋田間をもっとも速い列車で3時間50分で走破する。[青木栄一・青木 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あきた‐しんかんせん【秋田新幹線】
盛岡と秋田との間を結ぶJR幹線。平成九年(一九九七)三月に開通。列車は東京まで直通。全長一二七・三キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田新幹線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋田新幹線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation