@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秋穂【あいお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秋穂
あいお
山口県中部,山口市南東部の旧町域。周防灘に面する。 1940年町制。 2005年山口市,徳地町,小郡町,阿知須町の1市3町と合体して山口市となった。東の大海湾と西の秋穂湾に挟まれた半島部にある。小型底引網,刺網漁業が行なわれ,養殖も盛んで,特産であるクルマエビの町として知られる。干拓地も広く,米,野菜を栽培。花崗岩と工業用の砂も産出。海岸線屈曲が多く,海水浴場がある。沖合いの竹島は釣り,キャンプなどの適地

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あき‐ほ【秋穂】
秋の、実った稲穂

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秋穂
あいお
山口県中南部、吉敷郡(よしきぐん)にあった旧町名(秋穂町(ちょう))。現在は山口市の南東部を占める地域。旧秋穂町は、1940年(昭和15)町制施行。2005年(平成17)山口市と合併。周防灘(すおうなだ)に面した小半島部を占める。『和名抄(わみょうしょう)』の益必(やけひと)郷の地、中世には京都長講堂(ちょうこうどう)領の荘園(しょうえん)で、古くからの農漁村。はげ山の多かった花崗(かこう)岩丘陵の緑化も進み、山麓(さんろく)一帯にはミカン園が多い。旧町時代に役場が置かれた秋穂浦は刺網漁業やクルマエビの養殖で知られる。秋穂正八幡宮(あいおしょうはちまんぐう)は中世の古文書や能面を伝え、楼拝殿造の社殿は国の重要文化財。[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あき‐ほ【秋穂】
〘名〙 秋の、実った稲穂。
※班子女王歌合(893頃)「いつのまにあきほ垂るらむ草と見し程いくかとも隔たらなくに〈藤原興風〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋穂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋穂の関連情報

他サービスで検索

「秋穂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation