@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秋風【アキカゼ】

デジタル大辞泉

あき‐かぜ【秋風】
秋に吹く風。秋になって吹いてくる涼しい風。しゅうふう。 秋》「―や干魚をかけたる浜庇/蕪村
「秋」を「飽き」に掛けて、男女間の愛情が冷めることのたとえ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう‐ふう〔シウ‐〕【秋風】
秋に吹く。あきかぜ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あき‐かぜ【秋風】
〘名〙
① 秋に吹く風。→秋風の。《
※万葉(8C後)一〇・二三〇一「よしゑやし恋ひじとすれど金風(あきかぜ)の寒く吹く夜は君をしそ思ふ」
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「秋風や藪も畠も不破の関」
② (「秋」を「飽き」にかけて) 男女の愛情がさめること。
※古今(905‐914)恋五・七八七「秋風は身をわけてしも吹かなくに人の心のそらになるらむ〈紀友則〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう‐ふう シウ‥【秋風】
〘名〙
① 秋に吹く風。あきかぜ。《季・秋》
※万葉(8C後)三・四六五・題詞「移朔而後悲嘆秋風家持作歌一首」 〔漢武帝‐秋風辞〕
② (形動) (秋になって、風の寒さが身にしみるという連想から) ふところが寒いこと。所持金が乏しいこと。また、そのさま。
※洒落本・通言総籬(1787)二「これ公が所に孔方(こうほう)が少々なしか。小ぎくを一帖かいてへ。をれはすこぶる秋風(シュウフウ)だて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうふう シウフウ【秋風】
江戸前期の俳人。三井氏。名は俊寅。豪商三井高利の兄重俊の三男。京都の人。はじめ梅盛門、のち宗因や常矩に接近した。西鶴の浮世草子「諸艷大鑑」新龍宮の遊興は、秋風をモデルに描かれたものといわれている。編著「打曇砥」「誹諧吐綬鶏」など。正保三~享保二年(一六四六‐一七一七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

秋風 しゅうふう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

秋風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation