@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

科学的管理法【かがくてきかんりほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

科学的管理法
かがくてきかんりほう
scientific management
近代的経営管理論の創始者 F. W.テーラーと彼の仲間とによって開発された管理方法の科学的思考をさす。この考え方は 1910年のいわゆる「東部鉄道運賃値上げ事件」 Eastern Rates Caseにおいて,H. L.ガント,H.エマソン,L.ブランデースなどによって科学的管理法と名づけられ,この事件を契機にしてアメリカ全土に普及した。科学的管理法は,当時労使間の紛争の種となっていた賃率設定の問題に科学のメスを入れ,そこから展開した課業管理にその特質があるといわれている。ストップウオッチを用いて労働者の作業量を測定し,労働者の1日の作業量,すなわち1日の課業を決定し,この科学的に設定された課業を基準にして,労働者の作業の総合管理を可能にする諸制度を考案したのである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがくてき‐かんりほう〔クワガクテキクワンリハフ〕【科学的管理法】
テーラーシステムを中心に、ギルブレスやガントら、テーラーの協力者・後継者が深化・発展させた工場管理の方式。→テーラーシステム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがくてきかんりほう【科学的管理法 scientific management】
F.W.テーラー始祖とする工場管理の方法。狭義には,テーラーが提唱した工場労働の時間研究time studyによる標準時間と作業量の設定,職能別職長制度に,ギルブレスFrank Bunker Gilbreth(1868‐1924)が開発した作業方法の研究(動作研究motion study)による作業簡素化・標準化を加えた管理方式をいい,しばしばテーラー・システムと同義に用いられる。広義には,各種の科学的理論に基づく経営管理の方策・技術・組織制度を総称し,経験・にたよる管理を成行き管理として対比的に用いる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

科学的管理法
かがくてきかんりほう
scientific management

20世紀初頭アメリカの能率技師F・W・テーラー(1856―1915)が開発・実践した管理方式であるテーラー・システムと、彼の信奉者たちにより展開・普及した諸管理方式を含めて、科学的管理法、もしくは単に科学的管理という。科学的管理法をテーラー・システムのみに限定したり、科学を基礎にした経営管理をすべて含むものとする考え方もあるが、一般には前述のように理解する。

[森本三男]

背景

19世紀後半、アメリカ合衆国では工業化が急速に進展し、それとともに、機械化された生産過程をいかに能率的に稼動させるかが大きな問題になった。この問題に対処する試みは能率増進運動とよばれたが、その中心となったのは機械技師であった。当時は、管理問題の専門家はまだ存在せず、工場における生産過程の能率化は、機械技師を中心にしていた。テーラー自身も、もともとは機械技師であった。

 19世紀の能率向上策の基本は、能率給のような賃金によって能率向上を刺激するものであったが、能率向上は賃金コストの上昇を招き、それを抑制するためにしばしば賃率の切下げが行われた。このことは、賃金制度に対する労働者の不信を生み、慢性的な怠業を蔓延(まんえん)させることになった。多くの論者はこのような怠業への対策として、刺激を強化する新しい賃金制度の開発に努力を傾注したが、能率向上を実現するに至らなかった。テーラーは、怠業の原因を賃金制度の根底にある賃率決定方法の非科学性にあるとし、科学的な方法によって作業を分析し、「公正な1日の作業量」である課業(タスクtask)を設定し、それを賃金制度の基礎にすると同時に、生産の計画的・能率的遂行の出発点に置こうとした。テーラーは、管理問題の基礎を科学に求めることにより、労使間の無用な紛争と不信を除去し、相互の繁栄をもたらすことが可能になるとし、管理の科学の必要を説いた。このような科学的管理法の根底にある考え方をテーラーリズムという。

[森本三男]

作業研究

課業を設定するためには、作業に要する標準作業時間を決定しなければならない。たとえば、ある製品を1個生産する標準作業時間が1時間であるとすれば、1日(8時間労働)の課業は8個と決定できることになる。このような標準作業時間を決定する手続を、時間研究という。標準作業時間は、作業を構成する一連の要素作業時間の合計に、一定の余裕時間を加えたものであるが、テーラーは、要素作業時間の計測にストップウォッチを使用した。しかし、時間研究による標準作業時間が科学性をもつためには、その前提として、作業の内容が合理的に適正化され、標準化されていなければならない。そのためには、時間研究に先行して、不必要な動作やむだな動作を排除し、必要・最善の動作の連続として作業を構成する研究をしなければならない。これを動作研究という。このような動作研究は、テーラー自身よりも、彼の信奉者であるF・B・ギルブレス(1868―1924)によって本格的に展開された。時間研究と動作研究とをあわせて作業研究というが、それは当然に作業手段や作業環境の改善をも含むことになる。

[森本三男]

課業管理

課業(タスク)は、標準作業時間と標準作業内容を内包した標準作業量であるが、これを土台にして生産の全体を計画的・能率的に遂行するシステムを課業管理という。課業管理の前提になる課業の設定と生産計画への編成を担当するのが計画部制度である。これは、その後の管理部門の萌芽(ほうが)形態とみることができる。計画部は、課業の内容を指導票という文書によって作業者に指示する。各作業者が指導票の内容に従って作業を遂行すれば、生産の計画的・能率的推進が可能になるはずであるが、放任しておいてはそれが不可能である。そのため、職能的職長制度と差別的出来高給制度が用いられる。職能的職長制度は、専門化を最大限に活用する現場管理制度であり、差別的出来高給制度は、課業を達成した者には高い報酬を、達成しえなかった者には低い報酬を与える刺激賃金制度である。

[森本三男]

批判と展開

科学的管理法に対しては、人間の主体性を認めず、人間を機械と同一の運動法則においてとらえようとしているとの強い批判が、労働組合や労働科学者から出された。この批判は、科学的管理法の基礎にある科学が、人間の科学ではなく人間を物的視する自然科学ではないかという疑問につながる。確かに、科学的管理法はこのような批判を招く要素を多分に含んでいた。このため、1920年ごろになると、人間性の問題を扱う労務管理や人事管理が分化して独自の領域を形成するようになり、科学的管理法の技術的な思考と手法はインダストリアル・エンジニアリングに純化されて発展することになる。なお、課業管理は旧ソ連に導入されて積極的に活用され、課業はノルマの名で有名になった。

[森本三男]

『F・W・テーラー著、上野陽一訳・編『科学的管理法』(1969・産能大学出版部)』『清水晶著『経営能率の原理――テイラー理論への回帰』(1970・同文舘出版)』『向井武文著『科学的管理の基本問題』(1970・森山書店)』『D・ネルソン著、アメリカ労務管理史研究会訳『科学的管理の展開――テイラーの精神革命論』(1994・税務経理協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがくてき‐かんりほう クヮガクテキクヮンリハフ【科学的管理法】
〘名〙 科学的な理論、思考に基づいた、経営管理方法。生産、事務、販売などの能率、効率の向上をおもな目的とする。経験、勘にたよる成行き管理法に対していう。〔大増補改版新らしい言葉の字引(1925)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最新 心理学事典

かがくてきかんりほう
科学的管理法
scientific management
20世紀初頭,アメリカのテイラーTaylor,F.W.によって提唱された課業管理の手法である。テイラー以前の労務管理では,仕事に関する実際的な知識は,管理者よりも現場労働者の方が豊富であるという前提に立っており,仕事の進め方の細部については労働者の経験則に基づく判断に委ねられていた。ここに作業の非効率が発生する原因を見たテイラーは,管理者が仕事に対する責任を労働者と均等に分担し,仕事を科学的・体系的に管理することの必要性を提唱した。テイラーによれば,科学的管理を用いて仕事効率を合理的に高めることで,経営側は生産の増大を実現し,労働者は高水準の賃金を得ることが可能となり,労使双方の利害は一致することになる。

 科学的管理法は,管理者に以下の四つの原則を課す。⑴仕事について,労働者の経験則に代わる科学的方法を発展させる。⑵労働者が自ら仕事を選んで作業手順に習熟するのではなく,管理者が科学的な方法に則って適切な人材を選び,訓練と指導を行なう。⑶管理者は,現場の仕事のすべてにおいて科学的方法の原則を反映するよう,労働者と心から協力する。⑷労働者よりも管理者に適した仕事はすべて管理者が引き受け,管理者と現場労働者が仕事と責任を均等に分け合う。

 以上を実現するために求められることは,作業の細分化と標準化である。科学的管理法においては,管理者は作業計画を作成し,労働者に対して具体的な指示を出す。労働者は,指示に従って割り当てられた時間内に作業をこなすことができれば,高い賃率を得ることができるが,設定された水準を下回った場合は,罰則として低い賃率が適用される。これは差別出来高給制differential piece rate planとよばれる刺激賃金制度であるが,このような制度を導入するに先立っては,必要な時間を割り出すために作業を要素に細分化し,仕上げまでの手順と生産量を標準化することが必要となる。このためにテイラーが考案した時間研究time studyは,作業の基本的動作に要する時間をストップ・ウォッチで精密に計測し,各動作について最も短時間で遂行できる方法を選ぶというものであり,科学的管理法の基本をなす最も重要な方法とされた。こうしてすべての不要な動作を取り除いた後の作業は,公正な一日作業量fair day's workとよばれる。この作業は必然的に単純で繰り返し的なものとなり,工具や器具は仕事に応じて最適なものが用意される。

 1911年にテイラーは,多年にわたる研究と実践を『科学的管理法の諸原理Principles of Scientific Management』にまとめ公刊した。科学的管理法の普及にあたっては,高い成果を上げた者に対する成果給(ボーナス)制度を重視したガントGantt,H.L.,無駄な動作を省くために動作研究motion studyを考案したギルブレス夫妻Gilbreth,F.B.,& Gilbreth,L.M.が大きな功績を残した。科学的管理によって生産効率を高めることで,労使双方に繁栄がもたらされるという思想は,テイラー主義Taylorismとよばれて産業界で広く注目を集め,科学的管理法に基づく能率増進の追求が盛んになった。しかし,生産量は増えても賃金は据えおかれる労働者は少なくなかった。またこの方法の必然として,労働者は自分で考え工夫することをいっさい許されず,作業は指示書に従うだけの硬直的な過程しか取りえない。いわば労働者が,人格のない機械の一部にすぎない扱いを受けることが批判された。やがて,1924年から始まったホーソン実験を契機として,人びとのもつ社会的欲求や職場集団における人間関係構造が生産性に及ぼす影響を重視した,人間関係論が台頭した。 →産業・組織心理学 →能率研究 →ホーソン実験
〔角山 剛〕

出典:最新 心理学事典
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

科学的管理法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

科学的管理法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation