@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秘府略【ひふりゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秘府略
ひふりゃく
平安時代前期に編集された一種百科事典滋野貞主 (しげのさだぬし) 編。 1000巻。天長8 (831) 年勅命によって,中国の書籍 1500種の記事を分類し,項目ごとに編纂したもの。現在は平安時代中期の写本2巻が伝わるだけである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひふりゃく【秘府略】
平安初期の類書。1000巻。864・868巻の2巻のみ現存淳和天皇により、天長8年(831)滋野貞主(しげののさだぬし)。引用書は約1500種に及ぶ、日本最古の百科事典。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひふりゃく【秘府略】
日本古代の東洋的な百科事典。多くの典籍(漢籍)から関連する記文を抽出し,部類を立て,書名を示して引載してある。831年(天長8)滋野貞主らが勅を奉じて編集した。《太平御覧》のもとになった類書を中心とし,《芸文類聚》《初学記》《翰苑》など先行の同種書物を集成したものらしい。もと1000巻より成ったが,いま2巻(巻八百六十四〈百穀部〉,巻八百六十八〈布帛部〉)のみ伝存する。《太平御覧》に先立ち,内容的にはそれを凌駕する,日本人が編集した類書として注目される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

秘府略
ひふりゃく

平安初期の類書。1000巻。滋野貞主(しげののさだぬし)撰(せん)。831年(天長8)成立。淳和(じゅんな)天皇の勅により貞主が諸儒とともに古今の文書を集め、品目によって文献の該当する句や節を列挙したもの。空前の大著で当時中国でも例をみない。巻864「百穀部」中と巻868「布帛(ふはく)部」3の2巻が現存する。引用された文献の数から推して全貌(ぜんぼう)の壮大さが推量され、当時の渡来書目および逸文を知るうえで貴重な資料であり、当時の学問的水準が知られる。『続群書類従』雑部所収。

[大曽根章介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひふりゃく【秘府略】
類書。淳和天皇の勅命により、滋野貞主(しげののさだぬし)らが天長八年(八三一)に献上したもの。千巻。日本最古の大部な類書。巻八六四(百穀部中)、巻八六八(布帛部)の二巻が残存。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

秘府略
ひふりゃく
平安初期の百科事典
831年成立。1000巻。現存2巻。滋野 (しげの) 貞主の。1500種以上の漢籍を事物別に分類したもの。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘府略」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秘府略の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation