@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秦佐八郎【はたさはちろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秦佐八郎
はたさはちろう
[生]1873.3. 島根
[没]1938.11.22. 東京
細菌学者。サルバルサン発見の協力者。旧姓山根。 15歳のとき秦家の養子となる。第三高等学校第三部 (岡山大学医学部の前身) で医学を学び,1898年上京,伝染病研究所所長北里柴三郎の門に入り,まずペストを研究。 1907年ドイツ留学,コッホ研究所で免疫学を学び,次いでフランクフルトアムマインの国立実験研究所で P.エールリヒ師事した。その頃トリノ大学の病理解剖学者パロジ (1879~1928) が梅毒トレポネーマのカイウサギ睾丸内接種に成功したとの報で,は命じられてこの方法を学び,さらに 09年エールリヒを助けてサルバルサンを開発した。 10年帰国,14年北里研究所部長,20年慶應義塾大学教授。晩年は深達性殺菌薬を研究し,アクリジン,キノリン剤を開発したほか,熱帯病研究上の業績も大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はた‐さはちろう〔‐サハチラウ〕【秦佐八郎】
[1873~1938]細菌学者。島根の生まれ。慶大教授。本姓、山根。伝染病研究所に入り北里柴三郎に師事。エールリヒとともに明治43年(1910)梅毒化学療法サルバルサン発見

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

秦佐八郎 はた-さはちろう
1873-1938 明治-昭和時代前期の細菌学者。
明治6年3月23日生まれ。ドイツへ留学し,明治43年エールリヒと共同で梅毒にサルバルサン(俗称606号)が効果のあることを発見。梅毒の化学療法を確立した。帰国後,北里研究所創設に参加。大正9年慶大教授。学士院会員。昭和13年11月22日死去。66歳。島根県出身。第三高等学校医学部(現岡山大)卒。旧姓は山根。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はたさはちろう【秦佐八郎】
1873‐1938(明治6‐昭和13)
明治~昭和初期の細菌学者。P.エールリヒと共同でサルバルサンを発見し,化学療法の端緒を開いた。島根県生れ。本姓山根。1887年秦徳太の養子となる。第三高等学校第三部を卒業し,井上善次郎に内科を,荒木寅三郎に医化学を学ぶ。軍務を経て,伝染病研究所で北里柴三郎に就きペストを研究。日露戦争に従軍し,似島検疫所開設に関与したのち1907年ドイツに留学,ベルリンのコッホ研究所でA.vonワッサーマンに,ついで国立実験研究所でエールリヒに学び,10年彼とともに梅毒の化学療法剤サルバルサン(606号)を発見した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はたさはちろう【秦佐八郎】
1873~1938 細菌学者。島根県生まれ。慶大教授。ドイツのコッホ研究所で免疫学を学び、1910年エールリヒと共同で梅毒の化学療法剤サルバルサンを発見。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秦佐八郎
はたさはちろう
(1873―1938)
微生物学者。明治6年3月23日島根県美濃(みの)郡都茂(つも)村(現、益田市)に生まれ、秦徳太の養子となった(1887)。1891年(明治24)、当時岡山にあった第三高等学校医学部(現、岡山大学医学部)へ入学、1895年同校卒業。軍務に服したのち、岡山県立病院勤務(1897)、東京へ出て北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)の門下となり伝染病研究所助手(1898)、ドイツへ留学(1907)してワッセルマンに学び、ついでエールリヒ、さらにヤコビーMartin Jacoby(1872―1941)のもとで研究し帰国(1910)、北里研究所新設の際北里に従って官を辞し(1914)、慶応義塾大学教授(1920)、北里研究所副所長(1931)。帝国学士院会員(1933)。おもな研究は、エールリヒと共同でサルバルサン(俗称606号)が化学療法剤として回帰熱、梅毒、マラリアに卓効があることを発見したことであり(1910)、晩年には深達性消毒薬の研究で浅川賞(1934)を受けた。昭和13年11月22日没。益田市美都(みと)町には、業績を顕彰する秦記念館がある。[岩田敦子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はた‐さはちろう【秦佐八郎】
細菌学者。島根県出身。北里柴三郎の下でペスト菌を研究。ドイツに留学中エールリヒに協力してサルバルサンを発見、梅毒スピロヘータの治療に貢献した。慶応義塾大学教授、学士院会員。明治六~昭和一三年(一八七三‐一九三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

秦佐八郎
はたさはちろう
1873〜1938
明治〜昭和期の細菌学者
島根県の生まれ。三高(現京都大学)卒。北里柴三郎の伝染病研究所で細菌学の研究に従ったのち,ドイツに留学。フランクフルトでエールリッヒの指導により,1910年梅毒の特効薬サルバルサンを発見。化学療法への道を開いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秦佐八郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秦佐八郎の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎日本郵便制度史(年表)鉄筋コンクリート構造ゴーモン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation