@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秦嶺【シンレイ】

デジタル大辞泉

しん‐れい【秦嶺】
中国中央部、甘粛(かんしゅく)省・陝西(せんせい)省の南部に東西に連なる山脈。標高2000~3000メートルの山々で、最高峰は陝西省の太白山の3767メートル。狭義には、これから河南省の伏牛・桐柏山脈に至る、渭水(いすい)漢水との分水嶺をさす。華北華中を分ける自然の境界線をなす。チンリン。
中国西安市の南東にある終南山の別称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんれい【秦嶺 Qín lǐng】
中国,陝西省南部を東西によこぎる断層山脈。平均標高2000~3000m,最高峰の太白山(3767m)をはじめ,《詩経》にみえる終南山,玉泉山などの山峰がある。渭河と漢水の分水嶺をなし,北側は急峻な断層崖のため,古来渭水盆地では〈南山〉と称し〈九州の名阻,天下の険峻〉とよんだ。宋・金が南北に対立した時代は国境線となった。東の淮河(わいが)とともに秦嶺―淮河線を形成,北方暖温帯コムギを中心とする畑作,南方の亜熱帯,イネ栽培をわける重要な境界である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しん‐れい【秦嶺】
[一] 中国、陝西省西安市の東南にある終南山の異称。
[二] 中国、陝西省の太白山から、河南省の伏牛山脈まで、渭水と漢水の間を東西に走る山地の名。広義には甘粛省南部の岷山から、安徽省中部の大別山脈までをさし、淮河(わいが)とともに華北・華中の境界となっている。最高峰は太白山(三七六七メートル)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

秦嶺
しんれい
Qínlǐng
中国の崑崙 (クンルン) 山脈東部に発し,黄河上流に並行して東西に連なる山脈
甘粛・陝西 (せんせい) 両省の南部をほぼ東西に走り,渭水 (いすい) と漢水との分水嶺を形成し,中国の北部と中部とを判然と区別する自然的境界をなす。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秦嶺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秦嶺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation