@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秩父事件【ちちぶじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秩父事件
ちちぶじけん
1884年埼玉県秩父郡で起った自由党員と農民蜂起事件。いわゆる自由民権運動における激化諸事件の一つ。当時,松方デフレ政策の影響を受けて養蚕製糸業を主業とする多摩,秩父地方の農家の大半は窮境に陥り,高利貸からの借金に頼らざるをえなくなった。このため,井上伝蔵ら秩父の指導者は警察高利貸に対して請願を続けていたが,84年2月,大井憲太郎の秩父遊説を機に自由党に入党。そして,同8月秩父困民党を結成し,同郡大宮郷の顔役であった田代栄助総裁とした。彼らは運動の目標を,借金の 10年据置き,40年賦返済,校費雑収税,村費の減免などにおき,陳情,請願を続けた。しかし,10月井上ら指導者たちは合法運動に限界を感じ,武力による目的実現へと準備を開始するにいたった。 11月1日同郡下吉田村椋神社に数千名の武装農民が結集,翌2日大宮郷を占拠した。暴動発生を知った埼玉県当局は憲兵隊派遣を要請,3日憲兵隊が出動したが,農民軍に敗れ退却。4~5日東京鎮台兵2個大隊が出動するに及んで,同5日農民軍は制圧された。事件後,田代ら7名の死刑を含め,有罪 3386名が確定した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

秩父事件
自由民権運動で各地で起きた事件の一つ。1884(明治17)年に埼玉県秩父地方の農民らが、深刻な不況で高利の借金に困窮していることから、その減免を求めて武装蜂起した。最盛期は1万人ともいわれる。一時、郡役所を占拠したが、政府派兵もあり、鎮圧された。
(2020-02-08 朝日新聞 朝刊 大分全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ちちぶ‐じけん【秩父事件】
明治17年(1884)秩父地方の農民が困民党を組織し、自由党員とともに高利貸しへの返済延長や村民税減税などを要求して蜂起した事件。武装した1万人近い農民が高利貸しを襲撃、郡役所・警察などを占領軍隊の出動によって鎮圧された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちちぶじけん【秩父事件】
1884年(明治17),埼玉県秩父郡を中心に起こった農民蜂起。自由民権期の激化事件の頂点をなし,当時は〈秩父暴動〉〈秩父騒動〉といわれた。明治政府はこれを少数壮士博徒,脱監人が多数の善良な農民を唆して起こした事件と解釈し,報道機関もその見解に従い,当時真相はわからなかった。 横浜開港以来,秩父といわず全国の平均的養蚕農家は国際商品となった生糸生産によって生活を補完したため,世界経済の動向に従って左右された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちちぶじけん【秩父事件】
1884年(明治17)秩父地方の農民による大規模な武装蜂起事件。松方財政による不況に苦しんだ農民は、旧自由党左派の指導の下に井上伝蔵らを幹部として困民党を結成、田代栄助を総理として蜂起。負債の減免や地租軽減などを要求して郡役所・警察・高利貸しなどを襲撃。10日にわたる抵抗ののち、警官隊と軍隊により鎮圧された。秩父騒動。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秩父事件
ちちぶじけん
1884年(明治17)に発生した秩父困民(こんみん)党の蜂起(ほうき)事件。秩父の山村では穀物自給が不可能で、主として生糸生産によってこれを補完していたが、1883、84年、世界不況と松方財政のデフレは商品経済を直撃したうえ、地方税の引上げ、学校・新道の開設費を伴い、農民の生活は窮迫に追い込まれた。消費金融の需給関係も働き、高利貸営業者の利子率は法外なものとなり、負債農民の破産や逃亡も続出した。1883年11月、農民の総代は郡役所に高利貸説諭の請願をしたが、受け付けられなかった。1884年になると、田代栄助(たしろえいすけ)も自由党に加入しようとし、2月、大井憲太郎の来秩を機に、没落に瀕(ひん)する中農層が20人ほど入党し、これが困民党結成の中核となると同時に、自由党盟約を農民的に読み替えた。8月になると各地で負債農民の集会が行われ、惣代(そうだい)は初めは30人ぐらいであったが、やがて100人となり、9月になると幹部は田代栄助を招請し、各村の動員組織はしだいに整っていく一方、なお請願運動や高利貸に対する返済延期の折衝を行った。
 10月下旬、万策尽きた農民は蜂起を決定し、困民党盟約を作成、これは困民救済、金貸しと交渉し承諾のないときは打毀(うちこわし)、戸長役場の書類焼却、諸税・学校費の廃止などを内容とした。同じころ大井憲太郎は蜂起阻止の説得使を派遣したが、困民党幹部は自由党の意図を乗り越えて、総意をもって11月1日の蜂起を決定した。10月31日まず風布(ふっぷ)村が蜂起し、その夜金貸し会社を襲撃し、翌1日午前中、吉田において警官隊と交戦し、午後この地方の農民を中心に下吉田(秩父市)の椋(むく)神社に結集した。竹槍(たけやり)、刀、銃が武器であった。ここで幹部は役割表を発表し、総理田代栄助、副総理加藤織平(おりへい)、会計長井上伝蔵(でんぞう)、以下二大隊、各村別小隊という編成をとり、厳しい軍律を定めた。吉田から高利貸に攻撃をかけつつ小鹿野(おがの)に進み、2日3000人をもって大宮郷(おおみやごう)(秩父市)に侵入、高利貸を襲い、富豪から募金した。官権力を一掃したが、県は内務卿(きょう)に軍隊派遣を要請し、鎮台兵、憲兵は3日には配置につき、皆野(みなの)において銃撃戦を行った。しかし4日午後に幹部は戦意を失い、田代をはじめ皆野の本陣から逃走したにかかわらず、その夜500人に近い一隊は秩父から出撃して児玉郡金屋村(本庄(ほんじょう)市)で鎮台兵と交戦して10人に余る死者を出した。一方、菊池貫平(かんぺい)の一隊は群馬に入り神流(かんな)川をさかのぼり、長駆長野県に侵入し、数百名の農民を加えて9日未明、南佐久郡の東馬流(ひがしまながし)において鎮台兵、警官隊と交戦して撃破され、14人の戦死者を出し、敗残の兵は午後八(やつ)ヶ岳山麓(さんろく)で攻撃を受けて解体した。事件の被告は秩父のみで6400人を超え、参加者は群馬、長野に及び、兇徒聚衆(きょうとしゅうしゅう)罪による死刑は7人を数えた。困民党の事件中、自由民権運動史に刻まれる最大のものであった。[井上幸治]
『井上幸治著『秩父事件』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちちぶ‐じけん【秩父事件】
明治一七年(一八八四)埼玉県秩父地方の自由党員と不況に苦しむ農民とが蜂起した事件。一〇日間で鎮圧されたが、参加者は一万人を越したといわれ、裁判の結果、死刑七名を含む重罪二九六名、軽罪四四八名、罰金二六四二名にのぼった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

秩父事件
ちちぶじけん
1884(明治17)年,埼玉県秩父地方でおこった自由民権運動の激化事件
松方デフレにより明治10年代中ごろから不況のため借金と重税に苦しむ農民が激増。秩父地方の農民は困民党(借金党)などをつくり,自由党急進派の指導下に,地租軽減,借金の年賦返済,学費節減,村費・雑収税減免などを要求した。しかし拒否されたため数千人が武装蜂起し郡役所・警察・富豪などを襲撃し秩父郡一帯を占領したが,軍隊が出動し鎮圧された。民権運動激化事件のうち最も大規模なもの。なお,この事件の背景として自由民権運動との関係は薄いとする見方もある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秩父事件の関連情報

関連キーワード

スベルドラップ(Johan Sverdrup)清仏戦争自由民権スーラブルックナーウィリアムズキンダークロイツァー洪英植

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation