@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

秩父山地【ちちぶさんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秩父山地
ちちぶさんち
関東山地北部の大部分を占める山地。東京,埼玉長野山梨群馬の1都4県にまたがる。東は高崎と八王子とを結ぶ八王子構造線,西は千曲川上流の千曲川構造線,南は桂川,北は鏑川に囲まれた東西 40~60km,南北約 80kmの四辺形をなす。南西部の埼玉,山梨,長野3県の県境付近は,この山地で最も標高の高い場所で,最高峰は国師の南に接する北奥千丈岳 (2601m) ,そのほかに金峰 (きんぷ) 山・甲武信 (こぶし) ヶ岳などの山々がそびえ,荒川多摩川笛吹川,千曲川などの源流地。各河川の上流部は深い渓谷をつくり,秩父多摩甲斐国立公園に属する。中央は断層によって急に高度が下がり,秩父盆地となっている。山地を構成する地層は,全般に北西南東の方向に帯状に分布し,中央部は秩父古生層,その北東には長瀞系の岩石,南西には中生層,さらにその南西の山梨県には花崗岩を中心とした火成岩類が分布する。秩父古生層には石灰岩が多く,各地でセメントその他の原料として採掘され,日原 (東京都奥多摩町) ,影森 (秩父市) などには鍾乳洞がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちちぶ‐さんち【秩父山地】
関東山地のうち北部の山岳地帯。埼玉・群馬・長野・山梨・東京の1都4県にまたがる。最高峰は北奥千丈岳の標高2601メートルで、金峰山(きんぷさん)甲武信(こぶし)岳雲取山など2000メートルを超す山々が連なる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちちぶさんち【秩父山地】
関東山地中核をなす山地。長野,山梨,群馬,埼玉,東京の都県境付近を占める。関東山地からほぼ妙義・荒船山塊を除いた地域を指し,北を鏑(かぶら)川,西を千曲川,南を桂川に囲まれた広い範囲を含み,東は関東平野に面する。山地西部は奥秩父と呼ばれ,金峰(きんぷ)山(2595m),国師ヶ岳(2592m),甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)(2475m),雲取(くもとり)山(2018m),大菩薩嶺(だいぼさつれい)(2057m)など標高2000mを超える高峰二十数座を含み,日本アルプス以外の日本の山地としては有数の高度をもつが,火山は一つもない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

秩父山地
ちちぶさんち

関東地方西部にある関東山地のうち、北部の山地をいい、南部の丹沢(たんざわ)山地、御坂(みさか)山地と相対する。埼玉、東京、山梨、長野、群馬の1都4県に広がる。地質はほぼ北西―南東の帯状構造を示し、北東部が長瀞(ながとろ)変成岩、ついで秩父地方を中心に、大塚専一が秩父古生層と命名した古生層、次に中生層、南西部の長野・山梨方面には火成岩が広がる。山地の北東部には第三紀層からなる陥没した秩父盆地があり、最高部は山梨・長野・埼玉3県境付近で、金峰(きんぷ)山、国師(こくし)ヶ岳、甲武信(こぶし)ヶ岳など2500~2600メートル級の山が連なる。南西部は秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に含まれる。

[中山正民]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちちぶ‐さんち【秩父山地】
関東山地の北部を占める山地。埼玉・東京・山梨・長野・群馬の一都四県にまたがる。北奥千丈岳(二六〇一メートル)が最高峰で、金峰山(きんぷさん)・甲武信岳(こぶしがたけ)・雲取山など標高二〇〇〇メートル以上の山々が連なり、千曲川・笛吹川・荒川・多摩川などの水源となる。一部は秩父多摩甲斐国立公園に含まれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秩父山地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation