@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

称念寺

朝日新聞掲載「キーワード」

称念寺
室町時代の一向宗道場起源とされる。境内地に形成された「寺内町」として発達した。本堂は慶長年間(1596~1615年)の建立。寛永13(1636)年に西本願寺の別坊「今井御坊(ごぼう)」となり、本堂も大きく改修された。その後、本堂は文政3(1820)年に「大破」し、大規模な修繕工事が実施された。
(2014-06-13 朝日新聞 朝刊 奈良全県 2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

精選版 日本国語大辞典

しょうねん‐じ【称念寺】
千葉県長生郡長南町千田にある浄土宗の寺。山号は唐竺山。本尊は阿彌陀如来。徳治二年(一三〇七)真教が創建。歯痛に霊験があるとして信仰される。千田の如来さま。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

称念寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

称念寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation