@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ショウ】

デジタル大辞泉

しょう【称】
よびな。呼称。「コハダはコノシロの若魚のだ」
ほまれ。名声。評判。「幻の名酒のがある」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【称〔稱〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ショウ(呉)(漢) [訓]たたえる となえる はかる
ほめあげる。たたえる。「称賛称美称揚
となえる。呼ぶ。呼び名。「称呼称号称名(しょうみょう)愛称仮称改称敬称古称呼称公称詐称自称総称通称人称美称併称名称略称
はかりで量る。「称量
左右がつりあう。「相称対称
[名のり]あぐ・かみ・な・のり・みつ・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょう【称】
呼び名。 三ちゃんの-で愛される
評判。名声。 古来名君の-がある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう【称】
〘名〙
① よびな。
※史記抄(1477)三「公は官の称ぞ」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉附録「正義廉直は無能の称として冷笑侮蔑せらるるにあらずや」
② ほまれ。名声。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「近儒以六法称者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐・する【称】
〘他サ変〙 しょう・す 〘他サ変〙 (「しょうずる」とも)
① 人前で公然と言う。唱える。名づけて言う。名のる。
※和漢朗詠(1018頃)下「晉の騎兵参軍王子猷 栽ゑて此の君と称す〈藤原篤茂〉」
※今昔(1120頃か)五「皆、各(おのおの)心を一にして仏の御名を称し」
② 他人の手前はそのように偽って言う。
※高野本平家(13C前)四「或は神慮にあひはばかり、或は綸言と称(セウ)するによて」
③ ほめる。たたえる。
※台記‐康治二年(1143)五月二五日「清慎公者、彼時摂政、以賢名称」
※中華若木詩抄(1520頃)上「天下の英雄と称ぜらるるほどの者は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐・す【称】
〘他サ変〙 ⇒しょうする(称)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たた・う たたふ【称】
〘他ハ下二〙 ⇒たたえる(称)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

称の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation