@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

程度【テイド】

デジタル大辞泉

てい‐ど【程度】
物事の性質や価値を相対的にみたときの、その物事の置かれる位置。他の物事と比べた際の、高低・強弱・大小・多少・優劣などの度合い。ほどあい。「文化の程度が高い」「傷の程度は大したことない」「程度の差はあれ、誰もが損をした」
許容される限度。適当と考えられる度合い。ほどあい。「大きいにも程度がある」「いたずらといっても程度を超えている」
他の語の下に付き、それにちょうど見合った度合い、それくらいの度合いの、の意を表す。「高校程度の学力」「二時間程度の遅れ」「申しわけ程度の金額」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていど【程度】
他の物と比べたときの高低・強弱・多少・優劣などの度合。ほどあい。 生活の-が上がる 補償額は破損の-による
上に基準などを示す語を伴って、物事の段階がほぼそのあたりであることを表す。 焦げない-に焼く 一時間-見ておけば十分だ
ちょうど適当と考えられる度合。 いくら人がいいといっても-がある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐ど【程度】
〘名〙 物事のほどあい。他の同種の物とくらべた時の、その物の性質やねうちなどの度合。また、適当と考えられる度合。「程度をわきまえる」
※舎密開宗(1837‐47)内「凡金属の諸酸に溶解するは各自酸化の程度有り」
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉つれづれ草「中学程度の教科書に便利であることは認めるにもしろ」 〔韓愈‐答崔立之書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

程度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

程度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation