@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

稗史【ハイシ】

デジタル大辞泉

はい‐し【×稗史】
昔、中国で稗官民間から集めて記録した小説風の歴書。また、正史に対して、民間の歴史書。転じて、作り物語。小説。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいし【稗史 bài shǐ】
中国で物語や民間の言い伝えを記録した文芸をいう。それがと呼ばれるのは,《漢書》芸文志に〈小説家の一派は,思うに稗官から出た〉とあり,〈街談巷説,道聴塗説〉を記録して小説が作られたとあるのによる。稗はヒエなどの穀物であるが,注によれば,こまごまとした小さな話を記録するから稗官というのだとも,その官職自体が小さいのでそう呼ばれたのだともいう。雲夢(うんぼう)出土の秦簡の中に稗官の語が見え,実際にそうした官があったことが確かめられるが,その職務民間説話採集と結びついていたかどうかは,なお不明である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

はい‐し【稗史】
〘名〙
① (「正史」に対して) 公認されない歴史。重要でない事柄を記した歴史。また、民間の歴史。
② (稗官①が書き記したような民間の物語・伝説もつまらないながら歴史であるとの立場から) =はいかん(稗官)
※通俗醒世恒言(1790)序「子相、降志辱気、舎彼取此、稗史夷曲以為恒言者、抑醒世之意乎」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉緒言「今我国に行はるる小説稗史(ハイシ)は其類、其数幾千万とも限りをしらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稗史」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稗史の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation