@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

種畜牧場【しゅちくぼくじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

種畜牧場
しゅちくぼくじょう
農林省設置法 33条に基づく国立牧場のこと。家畜家禽,蜜蜂の飼養管理と改良増殖種畜,種禽,種卵,種蜂と家畜の人工授精用精液の配布と種畜の貸付け,種つけ,種つけ事業の指導,有畜営農の奨励,鶏の産卵能力の検定,飼料作物種子原種圃の経営などを行う。日高新冠十勝奥羽,岩手,福島大宮長野岡崎,兵庫,鳥取,中国,高知,熊本,宮崎の 15の国立種畜牧場があり,十勝種畜牧場や釧路分場など8ヵ所に牧野改良センターが設置され,草地改良事業を行なっている。国立牧場の設定以前には公有,民有を問わず種畜を育成する牧場を種畜牧場と呼んだこともあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅちく‐ぼくじょう〔‐ボクヂヤウ〕【種畜牧場】
家畜と家禽の増殖・改良を図るため、優良な種畜・種鶏を生産・飼育した施設。農林水産省組織で、全国に10か所以上あったが、平成2年(1990)家畜改良センター改組。平成13年(2001)独立行政法人に移行した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅちくぼくじょう【種畜牧場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しゅちく‐ぼくじょう ‥ボクヂャウ【種畜牧場】
〘名〙 家畜・家禽の繁殖や品種改良を図るため種畜・種禽を飼養している牧場。農林水産省所属のものは、全国に一五か所あったが、平成二年(一九九〇)家畜改良センターに改組。同一三年独立行政法人に移行した。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉壕沿の家「県の種畜牧場で出来るうまい牛酪(バタ)で、初めはどうやら誤魔化してゐたが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

種畜牧場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

種畜牧場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation