@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

種痘所【しゅとうしょ】

大辞林 第三版

しゅとうしょ【種痘所】
1858年、江戸の蘭方医により神田お玉が池に設けられた天然痘の予防接種施設。牛痘による種痘の実施と西洋医療技術の教育を行なった。のち幕府の西洋医学所となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅとう‐じょ【種痘所】
種痘(しゅとう)の普及を目的として、安政5年(1858)神田お玉ヶ池に作られた医療施設。伊東玄朴(げんぼく)蘭方医幕府の許可を得て開設したもの。万延元年(1860)より幕府の直轄。→医学所

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅとうしょ【種痘所】
俗にお玉ヶ池種痘所といわれ,天然痘を予防するために,ジェンナー式牛痘接種法の実施・普及をはかる目的で,1858年(安政5)に江戸在住の蘭方医たちが幕府の許可を得て神田お玉ヶ池に開設した私営の医療施設。当時は種痘館と称し,種痘事業ばかりでなく西洋医学の講習も行われ,江戸における西洋医学の拠点となった。のち60年(万延1)10月幕府の所管となり種痘所と改称,さらに翌年幕府の西洋医学校となった。その後身が現在の東京大学医学部。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

種痘所
しゅとうしょ
江戸後期に牛痘(ぎゅうとう)普及を図るとしてつくられた集会所。1858年(安政5)、伊東玄朴(げんぼく)、大槻俊斎(おおつきしゅんさい)らが呼びかけ、江戸在住の蘭方医(らんぽうい)82名が醵金(きょきん)して神田お玉が池の川路聖謨(としあきら)下屋敷に設立された。幕府の蘭方医学禁止令の下でも、ようやくその効果を認められつつあった牛痘接種の普及に事寄せて、蘭方医の大同団結、蘭方医学の教育・研究機関たらしめようとするものであった。この通称お玉が池種痘所は、翌年下谷(したや)和泉(いずみ)橋に移転して、幕府直轄の種痘所となり、61年(文久1)西洋医学所、63年医学所と改称された。68年(慶応4)明治政府に接収されて、大病院、ついで翌年、医学校兼病院となった。今日の東京大学医学部は源をお玉が池種痘所としている。なお記録によれば、戊辰(ぼしん)戦争の動乱中にも医学所での牛痘接種は続けられていた。[神谷昭典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

種痘所
しゅとうじょ
1858年に江戸神田に開設された種痘所
'60年幕府直轄となり,'63年医学所となる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

種痘所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

種痘所の関連情報

関連キーワード

ケクレインド大反乱安政の大獄徳川家定開国(日本史)徳川家茂快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation