@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

種蔵(たねくら)紅かぶ

デジタル大辞泉プラス

種蔵(たねくら)紅かぶ
岐阜県飛騨市で生産されるカブ。根部は円錐形で色は鮮やかな紅色葉柄赤みを帯びる。葉もあわせて塩漬けにする。1930年代から栽培されている。名称産地の旧地名(宮川村種蔵地区)に由来

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

種蔵紅かぶ[根菜・土物類]
たねくらべにかぶ
東海地方、岐阜県地域ブランド
主に飛騨市種蔵地区で製作されている。80年ほど前から栽培が始まった。毎年、自家採種されるなかで選抜が繰り返されて、現在の紅かぶとなった。色鮮やかな赤紫色。円錐形で、葉軸は赤くなる。まで紅色となるのが特徴。11月中旬に収穫。葉付きのままで漬け込み長漬けとして利用される。飛騨・美濃伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

種蔵(たねくら)紅かぶ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

種蔵(たねくら)紅かぶの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation