@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

稲垣氏【いながきうじ】

世界大百科事典 第2版

いながきうじ【稲垣氏】
近世大名。伊勢国の出で,のち三河に移ったという。1565年(永禄8)長茂のときより家康に仕え,1601年(慶長6)上野伊勢崎1万石となる。その後,越後刈羽2万石,同三条2万3000石,三河刈屋と転封を重ね,さらに下野烏山(2万5000石,のち3万石)を経て,1725年(享保10)昭賢(あきかた)のとき志摩鳥羽へ移る。以後幕末に至る。当主は従五位下摂津守または信濃守,対馬守に叙任。維新後は子爵。長茂の三男重大(しげとも)は徳川秀忠側近に召し出され,1685年(貞享2)その子重定のとき,1万3000石の大名となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

稲垣氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稲垣氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation