@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

稲尾和久【いなおかずひさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

稲尾和久
いなおかずひさ
[生]1937.6.10. 大分,別府
[没]2007.11.13. 福岡,福岡
プロ野球選手。 1956年高校卒業と同時に西鉄ライオンズに投手として入団,21勝をあげて新人王。三原脩指揮のもと,打撃陣の中西太大下弘豊田泰光らと並び投手陣の柱として西鉄黄金時代を築く。 1958年の読売ジャイアンツ (巨人) との日本シリーズにおいては,3連敗後の4連投でチームを4連勝に導き,「神様仏様,稲尾様」と称賛された。 30勝以上を4回記録。 1969年引退。通算 756試合,276勝 137敗。防御率 1.98。現役引退後,西鉄,太平洋クラブ・ライオンズ,ロッテ・オリオンズの監督を務めた。 1993年野球殿堂入りを果たした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いなお‐かずひさ〔いなを‐〕【稲尾和久】
[1937~2007]プロ野球選手・監督。大分の生まれ。昭和31年(1956)西鉄(西武前身)に入団、投手として活躍し、1年目から21勝をあげて新人王となる。同33年巨人との日本シリーズで、3連敗後の4試合すべてに登板、チームを勝利へ導き「神様、仏様、稲尾様」と称えられる。同36年プロ野球記録の42勝を記録。通算276勝。引退後は西鉄・太平洋クラブ・ロッテの監督を務めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

稲尾和久 いなお-かずひさ
1937-2007 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和12年6月10日生まれ。昭和31年西鉄に入団し,21勝で新人王。剛腕のエースとして,中西太らと西鉄の黄金時代をきずく。32年から3年連続30勝以上,36年は42勝。33年巨人相手の日本シリーズで3連敗のあと4連投,逆転優勝につくし「神様,仏様,稲尾様」とよばれた。実働14年,通算276勝137敗,防御率1.98。西鉄(のち太平洋),ロッテ監督をつとめた。平成5年野球殿堂入り。平成19年11月13日死去。70歳。大分県出身。別府緑丘高(現芸術緑丘高)卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

稲尾和久
いなおかずひさ
(1937―2007)
プロ野球選手(投手:右打右投)、監督。6月10日、大分県生まれ。別府緑丘高(現、芸術緑丘(みどりがおか)高)から1956年(昭和31)に西鉄ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)へ入団、1年目から21勝をあげる活躍で最優秀防御率のタイトルを手にし、新人王に選ばれた。抜群の制球力で切れ味鋭いスライダーを操って、打者を手玉に取り、2年目の1957年は最多勝利と最優秀防御率の二冠で最高殊勲選手(現、最優秀選手)に輝いた。翌1958年は最多奪三振も加えた投手三冠王となり、2年連続最高殊勲選手受賞。同年西鉄はリーグ優勝し、日本シリーズで巨人と対戦したが、3連敗したところからひとりで4連勝するという奇跡的な活躍を演じ、「神様、仏様、稲尾様」と称えられた。1961年にはプロ野球記録となる年間78試合の登板で、1939年のスタルヒンに並ぶ42勝の年間最多勝利をマーク、2回目の投手三冠王にも輝いた。1963年に最多勝利と最多奪三振の二冠を獲得。1966年の最優秀防御率が最後のタイトルとなり、1969年で引退。実働14年の短い期間で、歴代8位の通算276勝をあげ、また通算防御率1.98は歴代3位である。1970年から1972年まで西鉄、1973年、1974年は太平洋クラブライオンズ(西鉄が球団譲渡)の監督を務め、さらに1984年から1986年までロッテオリオンズ(現、千葉ロッテマリーンズ)の監督を務めた。[出村義和]
 選手としての14年間の通算成績は、登板試合756、投球回3599、276勝137敗、防御率1.98、奪三振2574、完投179、完封43。獲得したおもなタイトルは、新人王、最多勝利4回、最高勝率2回、最優秀防御率5回、最多奪三振3回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)2回、ベストナイン5回。監督としての通算成績(8年)は、1040試合、431勝545敗64分け、勝率4割4分2厘。1993年(平成5)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『稲尾和久著『神様、仏様、稲尾様――私の履歴書』(2002・日本経済新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲尾和久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稲尾和久の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation