@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

稲荷山古墳【イナリヤマコフン】

デジタル大辞泉

いなりやま‐こふん【稲荷山古墳】
埼玉県行田(ぎょうだ)市の埼玉(さきたま)古墳群にある前方後円墳全長約120メートル。昭和43年(1968)に発掘された鉄剣から、金象眼の文115文字が発見された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いなりやまこふん【稲荷山古墳】
墳丘の一部に稲荷小祠をまつることなどを理由として,稲荷山とよんでいる古墳が各地にある。とくに打越(うちこし)(熊本県),(滋賀県),埼玉(さきたま)(埼玉県),白石(しろいし)(群馬県)などの稲荷山古墳は有名である。
打越稲荷山古墳
 熊本市清水町打越にある6世紀後半の装飾古墳。坪井川の谷に臨む京町台地の北東端に位置し,熊本県立清水が丘学園の裏手にある。径約30mの円墳で,南面に開口する横穴式石室をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いなりやまこふん【稲荷山古墳】
埼玉県行田市の「埼玉さきたま古墳群」中にある前方後円墳。全長約120メートル。出土品の鉄剣に「辛亥年(471年)七月…」に始まる金象眼一一五文字の銘が刻まれているのが1978年(昭和53)に確認され、五世紀末から六世紀前半の古代史上に重要な資料を提供した。埼玉稲荷山古墳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いなりやま‐こふん【稲荷山古墳】
埼玉県行田市所在の埼玉(さきたま)古墳群を形成する古墳の一つ。長方形周溝をもつ前方後円墳で、礫槨から発掘された鉄剣に、金象嵌(ぞうがん)の一一五の文字が発見された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイド

いなりやまこふん【稲荷山古墳】

⇒埼玉古墳群(さきたまこふんぐん)

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

稲荷山古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稲荷山古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation