@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

穀物法【コクモツホウ】

デジタル大辞泉

こくもつ‐ほう〔‐ハフ〕【穀物法】
穀物生産者を保護するために穀物輸出入制限した英国法律。特に1815年に制定、1846年に廃止されたものをいう。穀物条例。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくもつほう【穀物法 Corn Law】
イギリスの法律。歴史的には1846年にいたるまでの穀物取引ないし輸出入の規制にかかわる法律をいう。12世紀から王政復古(1660)にいたるまでの穀物法は,消費者の保護をその主要な目的としており,とくに,中世末から15世紀にかけては,国内市場がなお十分に確立されていなかったこともあって,国内における穀物取引の規制,より具体的には,穀物の買占め,市場の独占,価格のつり上げ等の禁止に最大の力点が置かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくもつほう【穀物法】
穀物の生産を助成し輸入に制限を加えたイギリスの法律。1815年に制定されたものが有名。穀物価格の下落を防ぐため輸入穀物に高い関税を課して、地主や農業資本家の利益を擁護した。1846年廃止。穀物条例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

穀物法
こくもつほう
Corn Laws
穀物、とくに小麦の輸出入に一定の制限を加えた法律。イギリスで14世紀以来しばしば制定された。当初は輸出に制限を加えることにより消費者への保護を図ろうとしたものであったが、1660年からは輸入に対して関税がかけられるようになり、生産者の保護に力点が置かれるようになった。とくにナポレオン戦争後の1815年には穀価が一定価格に達しない場合(小麦の場合は1クォーター当り80シリング)には穀物の輸入を禁止する法律が制定された。この法律は、当時の穀価の下落、輸入穀物の増加という状況のなかで地主・農業経営者の支持を受けて制定されたものであったが、生産品の輸出、原料の安価な購入と穀価および労賃の低額安定を望む商工業者はこの法律に強い不満を示すことになった。それぞれの利害を代表するマルサスとリカードとの間に論争がなされた(穀物法論争)のをはじめとして、地主・農業経営者と商工業者との間でこの法律の存廃をめぐって激しい対立が生じ、以後のイギリス社会の一つの問題点となった。その後1828年の改定で、穀価の変動によって関税を増減するという制度の導入も試みられたが、これはかえって投機をあおり、穀価を不安定なものとしたため、穀物法への反対を強めることになった。こうしたなかで自由貿易を主張する商工業者が反穀物法同盟を結成し根強い反対運動を続けたため、結局穀物法は1842年の改定を経て、46年の議会においてその廃止が決定された。この決定はイギリスの自由貿易政策への一つの転機をなすものであったとされている。[岡本充弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくもつ‐ほう ‥ハフ【穀物法】
〘名〙
① ローマ共和制末期から帝政時代にかけての社会的立法。穀物を国庫負担で貧民に安く分配した。
② 一四世紀から一九世紀にかけて、イギリスにおいて穀物の需要供給を調節し、価格の維持を図り、地主や農業経営者の利益を保護するため制定された諸法令。一八一五年に制定された穀物法(Corn Law)が最も有名。穀物条例。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

穀物法
こくもつほう
Corn Law
イギリスの,中世以来の穀物輸出入規制法
ナポレオン戦争後の1815年,地主保護のために安価な穀物の輸入を禁止したものが最も有名。1830年代末より産業資本家層の激しい反対運動にあい,1846年廃止。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穀物法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

穀物法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation