@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

穆公【ぼくこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

穆公
ぼくこう
Mu-gong; Mu-kung
[生]?
[没]穆公39(前621)
中国,春秋時代君主 (在位前 659~621) 。繆公とも書く。名は任好。父は徳公。秦は中原諸国から夷狄 (いてき) 視されていたが,兄2人の跡を継いで即位すると,他国人の百里けいや蹇叔 (けんしゅく) ら賢人を任用し,国力を高めた。対外政策としての恵公,次に文公を擁立してを張ったが,晋の襄公のためこうの戦いで敗北。しかし穆公 36 (前 624) 年には再び晋を攻撃して大勝する一方,戎人の由余 (ゆうよ) を用いて西方領土を拡大し,春秋時代秦の第1の賢君として五覇の一人に数えられた。公の死後,多くの家臣死したという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼく‐こう【穆公】
中国、春秋時代。在位、前659~前621。春秋五覇の一人。百里奚(ひゃくりけい)らの賢臣を集めて国政を整え、富国強兵に努め、西戎を討って領土を拡大、覇者となった。生年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼくこう【穆公】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼくこう【穆公】
?~前621 中国、春秋時代の秦の君主(在位 前660~前621)。百里奚ら賢人を用いて国政を整え、晋を討ち、さらに西戎(チベット)の覇者となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼく‐こう【穆公】
紀元前七世紀の、中国春秋秦の王(在位前六五九‐前六二一)。繆公(ぼくこう)とも。春秋五覇の一人。賢士を内外に求め、由余・百里傒(奚)らを用いて内政を整えた。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

穆公
ぼくこう
?〜前621
秦の君主(在位前659〜前621)
賢臣を用いて国政を行い,晋の内乱に介入して領土を拡大し,秦の強国化につとめた。「春秋の五覇」に数えられることもある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穆公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

穆公の関連情報

関連キーワード

竇建徳王世充アダムズ方式梅毒台風15号豪雨災害イスラム圏からの観光客新井堀の内遺跡の埋蔵銭開元通宝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation