@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

積極【せっきょく】

大辞林 第三版

せっきょく【積極】
事物に対してこれを肯定し進んではたらきかけること。自分から進んで事をすること。
陽極に同じ。ヘボン 二版
▽⇔ 消極
[派生] -さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっ‐きょく セキ‥【積極】
〘名〙
① 電気や磁気の陽極。正極。プラス。
※舎密開宗(1837‐47)内「按に銀銭より起る機力を消極 涅瓦知弗(ネガチフ)オントケンネンデ、ポール、と名け、亜鉛より起る機力を積極 剥斯知弗(ポスチフ)ステルリフ、ポール と名く」
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉六〇「同名相衝き異名相引くとは電気学の原則にして、積極(セキキョク)と積極と接し消極と消極と接すれば相互に衝返すに反して、積消の両者は必ず相引て密着平均するの約束なり」
② 進んで、対象にはたらきかけようとすること。物事に肯定的・意欲的で、進んで行なうこと。肯定・表・陽・動・能動・進歩・正などを表わす語。⇔消極
※明六雑誌‐二三号(1874)内地旅行〈西周〉「故に先づ内地旅行を行って利のある方を積極『ポシチーウ』と見、害の方を消極『ネガチーウ』と見るでござる」
※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「自由党先づ積極を唱へて進歩党之れに次ぐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃっ‐きょく シャク‥【積極】
〘名〙 (「しゃく」は「積」の呉音) =せっきょく(積極)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっ‐きょく〔セキ‐〕【積極】
進んで働きかけること。意欲的に行動すること。⇔消極

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積極」の用語解説はコトバンクが提供しています。

積極の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation