@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

積立金【ツミタテキン】

デジタル大辞泉

つみたて‐きん【積立金】
積み立てておく金銭。つみきん。
会社が社内に留保した利益のうち、定款規定株主総会決議によって積み立てた部分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つみたてきん【積立金 reserve】
一般に,企業が経営活動を通じて稼得した処分可能利益うち,株主配当金や役員賞与金などとして支払った後に企業内部に留保した利益の累積額をいう。この意味の積立金は,企業それ自体にとってはいわば〈自己捻出資金〉を意味するが,法定準備金のうちの利益準備金(商法288条)として計上されるものと,それ以外のものとに大別できる。いずれの積立金も,株主の拠出資本(株式資本金株式払込剰余金)とともに,企業の自己資本の主要な構成要素となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

積立金
つみたてきん
reserve

会計上、企業が得た利益のうち内部留保として積み立てた貸借対照表の純資産の部に計上される利益留保項目をいう。その積立ては、基本的に企業の意思決定によるもので、法的に強制されるものではないため任意積立金ともよばれる。積立目的の有無からの分類としては、特定の目的があって積み立てる積立金を特定目的積立金とよび、特定の目的をもたないものを無目的積立金とよぶ。具体的には、前者には、たとえば、新築積立金、減債積立金、研究開発積立金、配当平均積立金、中間配当積立金、欠損填補(てんぽ)積立金、役員退職積立金などがある。後者の無目的積立金は別途積立金という。また、租税特別措置法上の準備金(価格変動準備金など)を費用または損失処理(損金経理)せず利益処分で設定した場合、これらの準備金もこの任意積立金となる。会計処理としては、会社法上、剰余金の処分に位置づけられ、株主総会(普通・臨時)の決議を経て、積立時は、繰越利益剰余金から積立金に振り替えられる。取崩し時は合目的取崩しは取締役会決議(配当平均積立金は除く)で、そのほかは株主総会決議により、積立金から繰越利益剰余金勘定に振り替えられる。そして、事後に作成される直近の株主資本等変動計算書にそれら項目の増減として表示されることになる。

[近田典行]

『新日本監査法人・太田昭和センチュリー監査法人編『新会計制度の実務問題3 資本取引の会計・税務』第3版(2006・中央経済社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つみたて‐きん【積立金】
〘名〙
① 積み立てておく金銭。積金。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉四「大阪府下の各紡績工場にては、保証金、信認金、積立金等種々名義を異にすと雖も、大抵義務貯金の方法を定め居れり」
② 銀行・会社が利益金の一部を特定または一般目的のために留保する金銭。商法の規定による利益準備金と定款の規定または株主総会の決議による任意積立金とに分かれる。
※朝野新聞‐明治二六年(1893)六月一〇日「何れの会社も幾分の積立金なきはなけれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積立金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

積立金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation