@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

積算温度【セキサンオンド】

デジタル大辞泉

せきさん‐おんど〔‐ヲンド〕【積算温度】
ある期間の日平均気温が基準温度(目的により異なる)を超えた分だけ取り出し、合計したもの。農作物栽培限界などの目安になる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきさんおんど【積算温度 accumulated temperature】
温度のある一定値を超えた分だけをある期間にわたって合計したもの。で求める。たとえば温帯作物の場合は,一般に生育の温度条件が日平均気温5℃以上なので,t0=5℃とし毎日の日平均気温から5℃を差し引いた値を日々加算して積算温度を求め,作物の栽培適否の指標にしている。簡便のためにNを月単位にして月平均気温を用いることもあるが,その地理的分布は植生分布とかなりよく対応する。暖冷房の場合は,標準室温をt0とし日平均気温との差を毎日求めて合算した積算温度((冷)房度日)によって必要熱量を見積もる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

積算温度
せきさんおんど

植物とくに農作物の生育に要する熱量を表す目安の一つ。生育日数の各日の平均気温の積算値で表す。単位は度(C)日である。ただし日平均気温が、植物が活動できない日は積算に加えない。なお、気象学上はデグリー・デーという。植物が活動できる日平均温度の最低値を基準温度といい、それ以上を有効温度という。このため積算温度を有効積算温度ともいう。基準温度は、秋播(ま)き野菜やムギ類のように比較的低温で育つものは一律に5℃、一般に温帯で夏季に生育するものは10℃、熱帯植物のように高温を必要とするものは15℃とする。植物が正常な生育ができる積算温度の最小値を最小積算温度という。主要な作物について最小積算温度を例示すると、ジャガイモ1000(度日、以下同)、春播きコムギ1600、ヒマワリ2000、トウモロコシ3000、ダイズ2500、イネ2500などである。

[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積算温度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

積算温度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation