@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

空想的社会主義【くうそうてきしゃかいしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

空想的社会主義
くうそうてきしゃかいしゅぎ
utopian socialism
19世紀の前半,主としてサン=シモン,C.フーリエ,R.オーウェンらによって唱えられた社会主義思想。 19世紀の産業革命の急速な進展とともに生産の無政府性や階級対立などの資本主義社会の矛盾が表面化してきたが,彼らは理想社会の基本構造を示すことによって,それらの矛盾を克服するための諸方策を提起した。彼らの構想した理想社会に共通しているのは,それが管理され調和のとれた生産力の発展に立脚した社会であることと,人間の不平等と従属関係が存在しない社会であることであり,この構想は以後の労働者自主管理思想,協同組合思想,女性解放思想などに大きな影響を与えた。 F.エンゲルスはその著作『空想より科学へ』において,彼らが現実的に理想社会を実現するための方法を十分示していない点を批判し,それらを空想的社会主義と名づけた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くうそうてき‐しゃかいしゅぎ〔クウサウテキシヤクワイシユギ〕【空想的社会主義】
《〈ドイツ〉utopischer Sozialismusオーエンサン=シモンフーリエらの社会主義に、エンゲルスが与えた名称。科学的社会主義としてのマルクス主義に対するもので、資本主義のはらむ矛盾を直観的に指摘し未来社会の理想像を描いたが、歴史法則の科学的把握が足りず、その実現の方法を欠いた。ユートピア社会主義。→科学的社会主義

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くうそうてきしゃかいしゅぎ【空想的社会主義】
エンゲルスは《反デューリング論》(1878。うち三つの章をP.ラファルグが編んで《空想より科学への社会主義の発展》(1880)が成立)において,マルクスと彼自身が創始した科学的社会主義に対比して,それ以前の社会主義を空想的社会主義と規定した。その代表者として19世紀初頭のサン・シモンフーリエオーエンがあげられ,以来この言葉は狭義にはこの3人を指して用いられる。エンゲルスはマルクス主義の特質を明らかにするために彼らを対置しているのであって,全面的に否定している訳ではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くうそうてきしゃかいしゅぎ【空想的社会主義】
歴史・社会の法則的把握や階級闘争の理論に基づかず、教育による倫理の向上や人間性の変革に期待し、理想的未来社会の実現を目指した思想。オーエン・サン=シモン・フーリエらの社会主義思想をマルクス・エンゲルスの科学的社会主義に対比させていう。ユートピア社会主義。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

空想的社会主義
くうそうてきしゃかいしゅぎ
utopian socialism
エンゲルスが科学的社会主義(マルクス主義)に対比して名づけた社会主義の種類。「空想的」という形容詞ユートピアンに対応する名詞『ユートピア』を題名とする著書を1516年に刊行したトマス・モアや、1623年に『太陽の都』を発表したカンパネッラなどのユートピア思想は、どこにもない架空の理想社会を詳細に空想的に描くという性格をもっている。だがここにいう空想的社会主義の空想性は、そういう点にのみあるのではない。理想社会の単に架空の記述でなく、当該社会の分析から出発した社会主義思想でも空想的たりうる。『ユートピア』や『太陽の都』から17、18世紀の社会主義諸思想を経て19世紀なかばのそれに至るまで、ある共通点があることは否めない。それは、貧者も富者も存在しない、人間が幸福な、人間の搾取のない新しい社会の創出という目標の同一性である。
 だが思想の内容、その表現形態は多様である。先の架空の理想社会の記述のほかに、次のような形態がある。理想社会に関する理論的な論説(モレリ、デシャンなど)、新しい社会のプラン(オーエン、サン・シモンなど)、この社会の建設のための企画と手段(ブラン、ペクールなど)がそれである。
 内容も発展し多様である。モレリ、マブリらの18世紀後半の啓蒙(けいもう)主義時代の空想的社会主義者は、モア‐カンパネッラ風の空想小説を退けているだけでなく、実際には自分の時代と国の材料をもってユートピアをつくったのである。19世紀以前と以後との相違は次の点にある。以前には社会的理想に抽象的思弁的性格を授け、それを時間の外にたて、それの永久的な効用と絶対的真理とを特筆する。19世紀に入ると、歴史的要因を考慮に入れながら、彼らを取り巻く社会の批判的研究から出発して社会的理想を仕上げる。彼らはもはや現実についての抽象的、直観的な知覚から出発するのではなく、その時代の社会関係の分析から、資本主義社会の批判から出発する。彼らにとって社会的理想は、数世紀来の人間社会の発達の結果なのである。それ以前の空想主義者は反対に歴史感覚の欠如によって区別される。
 資本主義の確立が空想理論に新しい性格を刻印する。啓蒙哲学者が祝福した理性の実際の成果に失望させられた彼らは、間違いなく合理的で科学的な社会の枠組みのなかに統合されることを願う。人類に仕える科学は、人間を不必要な仕事から解放し、自由に自分の能力を発展させることを可能にする富裕な状態に達することを可能にするはずである。
 科学的社会主義の出現に先だつ時期の空想的社会主義者には、ユートピアに対する批判的態度と科学の知識への信頼とがみいだされる。フーリエは、実現するための手段を指摘することなく、より正当な社会の夢想を示す理論を批判していたし、オーエンは、プラトンからフーリエに至るすべての先行者を、「人間社会がよって立つ原理を識(し)らぬ」ゆえに空想主義者と名づけた。サン・シモンは実証科学の信奉者であった。この時代はまさに社会主義が空想から科学へ変わろうとしていた時代であった。プレハーノフのうまい表現によれば、「ユートピアを否定し科学を求めている空想主義」であった。
 マルクスは1865年の書簡のなかで書いている。「かかる空想主義者である彼(プルードン)は、歴史の運動――この運動それ自体が解放の物質的諸条件を生み出すのだが――の批判的認識のなかで科学を考えるかわりに、〈社会問題の解決〉のためのア・プリオリな定式をそこから引き出すために、いわゆる〈科学〉を探し始める」と。また空想的社会主義の「理論家たちは、被抑圧階級の欲求に備えてそれにこたえるため、もろもろの体系を一時のまにあわせにつくり、社会を再生させる科学を追求する空想家であるにすぎない」(『哲学の貧困』)とも書いている。
 エンゲルスは、プルードンもイギリスのリカード派社会主義者グレーも、彼らは理想社会の組織を詳細に描くことをしていないが、空想主義者とみなしている(『哲学の貧困』ドイツ語初版へのエンゲルスの序文)。ユートピアという語は、マルクスとエンゲルスにとっては、モアの作品により規定された語義上の内容を超えている。サン・シモン、フーリエ、オーエンは、エンゲルスによって「3人の偉大なユートピア社会主義者」と規定されたが、この空想主義はオーエンで終わらなかった。「ユートピア社会主義者たちの考え方は、19世紀の社会主義的観念を長い間支配してきたし、部分的にはいまでも支配している」(『空想より科学へ』)。空想的社会主義は、プロレタリアートが階級として未熟で、ブルジョアジーとの闘争がまだ政治的性格を帯びておらず、生産諸力が新しい社会の形成に不可欠の物質的諸条件をつくりだすほど十分に発達していない段階の社会主義で、現実の社会の矛盾に対して、頭のなかからひねりだされた真理、理性、正義の体系を対置するだけで、資本主義から社会主義・共産主義への社会発展の歴史的必然性の認識がなく、しかも理想の実現について階級闘争の意義を理解せず、支配階級や金持ちの善意に期待する。これが空想的といわれるゆえんである。
 これに対して、歴史が前進し、プロレタリアートの闘争がより鮮明な輪郭を示すようになると、社会主義者は、「彼ら自身の頭で科学(理想の体系)を探求することは必要でなくなり」、「彼らは彼らの目の前で起こることを了解しその器官となりさえすればよく」、そのとき「完全に原因を自覚して歴史的運動と結合した科学は、空理空論的なものであることをやめて革命的なものとなる」(『哲学の貧困』)。これが科学的社会主義の立場で、それは教義ではなく運動であり、原理からでなく事実から出発する。[古賀英三郎]
『エンゲルス著、大内兵衛訳『空想より科学へ』(岩波文庫) ▽エンゲルス著、寺沢恒信訳『空想から科学へ』(大月書店・国民文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くうそうてき‐しゃかいしゅぎ クウサウシャクヮイシュギ【空想的社会主義】
〘名〙 (utopischer Sozialismus の訳語) マルクスの学説を科学的であろうとする立場から、オーエン、サン=シモン、フーリエらの社会主義理論にエンゲルスがあてはめた名称。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

空想的社会主義
くうそうてきしゃかいしゅぎ
utopian socialism
マルクス主義成立以前の社会主義の総称
イギリスのロバート=オーウェン,フランスのサンシモン・フーリエらがその代表。資本主義社会特有の貧富の差を批判し,平等の理想社会を考えたが,現実社会を科学的に分析せず,労働者階級の主体的勢力を認識できなかったため,エンゲルスによってこのように名づけられた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空想的社会主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

空想的社会主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation